インドメディアのZoom TVが、BTS(防弾少年団)ジミンを”International Darling(世界の恋人)”と命名し、”ジミンに魅了される瞬間”について取り上げた。現地に口コミで広がり話題になった5つの事例には、1000万ビューを記録した”7秒ジミン”も含まれている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

“万人の恋人”と呼ばれるBTS(防弾少年団)ジミンに”魅了される瞬間”が、海外メディアで報じられ、改めて注目を集めている。

ジミンは"世界メディアのダーリン"とも呼ばれており、国境を越えて人々を虜にしている。

BTSジミンは”世界メディアのダーリン”と呼ばれ、国境を越えて人々を虜にしている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

インドメディアのZoom TVは、彼を”International Darling(世界の恋人)”と命名。優れたビジュアルとスタイルで、現地に口コミで広がり話題になった5つの事例を挙げ、”ジミンに魅了される瞬間”について取り上げた。

まず、2020年開催のオンラインコンサート『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』で、ジミンのソロ曲『Filter』のパフォーマンスがあまりにも象徴的だったため、「世界中の人々が、赤いスーツを着た男性が誰なのか知りたがった」と紹介。

当時『Filter』初公開後のツイッターで、ジミンがパフォーマンスしたファンカムが140万以上の再生数を記録し話題に。「赤いスーツに着替えると、ファンが熱狂的に反応した」と、世界中がホットな反応を示した事例を伝えている。

続いて挙げたのは、”ピンクヘアの男性”。2019年の『ビルボードミュージックアワード』で披露した『Boy with Luv』ステージ終了後、多くの人々が「ピンクヘアのカッコイイ男性は誰?」と、現地の人々をも魅了した事実をピックアップ。

そして、現地ファンの好奇心を揺さぶり、SNSを大いに盛り上げた”7秒ジミン”だ。メディアはこの映像を、”ダイヤモンドの涙”と紹介している。

2018年の米ロサンゼルス公演で、ファンが携帯電話で撮影したというこの映像は、コンサート中のもの。ジミンを照らしていた照明よりさらに輝いていて、”まるで男神を彷彿とさせる美しい姿”で魅力を放出した。

映像がツイッターで共有されると、BTSを知らない現地の人々が驚異的な反応を見せる。現在、1000万以上の再生数を記録しているが、依然見る人を魅了し、神秘的な魅力で高い人気を誇っているようだ。

また、2017年のアメリカンミュージックアワードで着用したサンローランのシルバージャケットと、ウェーブがかった金髪ヘアにも注目。

「これを見たすべての人が、”シルバージャケットを着た男性が男が誰なのか?”という疑問を抱き、大きな話題になった」と当時の反応を詳しく説明した。

最後は、2021年グラミー賞授賞式でのステージを挙げている。

『Dynamite』パフォーマンス後、”黄色いシャツを着た人”がインターネット上で話題に。「国内外のメディアはもちろん、K-POP及び非K-POPファン全てを魅了」とし、「”最高のアイドル”ジミンが舞台に立つたびに、現地の人まで巻き込んでしまう」と彼の魅力を伝えた。

ジミンは世界的なK-POPのダーリンだ”という最高の賛辞を送ったこのメディアのように、彼は”世界メディアのダーリン”とも呼ばれており、国境を越えて人々を虜にしている。

デビュー8年が過ぎた今も、K-POPのフロントマンであり*入タク妖精でもあるジミンが、米ロサンゼルスのSoFi Stadium(ソーファイ・スタジアム)で11月27~28日、12月1~2日(現地時間)に開催される『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LIVE PLAY in LA』で、どんな素晴らしい姿を披露してくれるのか、ファンの注目が集まっている。

*入タク妖精:韓国語で입덕(イプドク/入る+ヲタク)と書き、ひと目見ただけで、あっという間にファンになってしまうという意味。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2063)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs