BTOB(ビートゥービー)のメンバーとして活動していたチョン・イルフンは、1審判決を不服として、ソウル中央地裁に控訴状を提出した。これに先立ち昨年12月、計161回にわたり1億3300万ウォン相当の大麻を買収、吸入したとして、裁判にかけられていた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTOB(ビートゥービー)のメンバーとして活動していたチョン・イルフンは6月14日、1審判決を不服として、ソウル中央地裁に控訴状を提出した。

チョン・イルフン

1審判決を不服として、ソウル中央地裁に控訴状を提出した元BTOBチョン・イルフン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

チョン・イルフンは昨年12月、2016年7月から2019年1月にかけ、計161回にわたり1億3300万ウォン(日本円で約1300万円)相当の大麻を買収、吸入したとして、裁判にかけられていた。

彼は現在、社会服務要員として代替服務中であるが、警察が麻薬容疑を適用し、検察に引き渡す1カ月前、訓練所に入所したことから、”逃避性入隊”と非難を浴びている。

(関連記事)元BTOB イルフン、なぜ執行猶予にならなかったのか?兵役はどうなる?

当時、BTOBの所属事務所は「重い責任を感じ、今後行われる調査にも誠実に臨めるよう、最後まで任務を全うする」と立場を示した。

同月10日、1審の判決公判で、懲役2年、追徴金1億3300万ウォンを言い渡されたイルフンは、判決後法廷で身柄を拘束される。

麻薬疑惑が持たれているチョン・イルフンは「これ以上グループに被害を及ぼすことができない」と、BTOBから脱退。これに伴い、グループは現在6人体制となっている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTOB(ビートゥービー)

CUBEエンターテインメント所属の7人組男性アイドルグループBTOB(ビートゥービー / ハングル 비투비)として2012年3月にデビュー。BTOBは「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められている。ファンの名称は「Melody」。

2020年12月、メンバーのイルフンが、大麻吸引の疑いで警察に摘発された事実が発覚。本人の意向で、12月31日にグループ脱退を発表。現在は6人体制となっている。

BTOB(ビートゥービー) プロフィール&記事(59)

人気ニュース

BTOB(ビートゥービー) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース