韓国の兄妹ポップス・デュオとして知られる楽童ミュージシャン(AKMU)が、所属しているYGエンターテインメントと再契約を結んだ事が発表され、ファンが複雑な心境を見せている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

兄妹ポップス・デュオの楽童ミュージシャン(AKMU)が、YGエンターテインメント(以下、YG)と縁を続ける。

今月26日、YGは楽童ミュージシャンのイ・チャンヒョク、イ・スヒョンと7年間の契約期間を終え、5年の再契約を締結したと公式に発表。

デビュー当時の楽童ミュージシャン

デビュー当時、ステージを披露する楽童ミュージシャン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2人は大衆的人気だけでなく、音楽的芸術性を持ち合わせていることで認証されている、韓国でトップクラスの男女ユニットだ。

2012年にSBS『K-POPスター』シーズン2に出演し、”楽童ミュージシャン”という名前が注目を集めた。その後、2014年にYGから正式にデビューしている。

以降、2人はYGの全幅の信頼と支援の中で、天才的な作詞作曲の能力を発揮し、国内最強音源強者として確固たる地位を得た。この7年もの間に、多くのヒット曲を誕生させたため、2人の興行はエンターテインメント業界で大きな話題と、関心が寄せられている。

また、再契約の期間が5年という長期契約という点でも注目の的となった。それは、7年という長い契約期間を終えた後は、2年程度の短期的な契約を締結することで、負担を軽減する事が一般的とされているからだ。

互いに対する無限の信頼がなければ、不可能な事だというのが業界的見解である。

楽童ミュージシャンのイ・チャンヒョクは「正直、YGほど所属アーティストたちを気遣う会社は、なかなか見つからない。7年間ただの一度も、小さなすれ違いや意見の対立がなく、僕たちが進もうとする方向にしっかりと支援をしてくれて、幼い僕たちをきちんと導いてくれた会社だ」と、YGに対する信用度の高さを表現している。

イ・スヒョンも「私たちはYGを去ることを一度も考えたことがない」ときっぱりとした短い感想で、再契約の理由を明らかにした。

この知らせを聞いたネットユーザーは「YGが支援を本当によくやったみたいだね」「音楽的には良い会社だと思う」と、再契約を祝福する一方で、YG前代表のヤン・ヒョンソクとBIGBANGの元メンバースンリ(V.I)などの事件で、所属事務所に対する残念な反応を見せるが、”不買する”と強気なコメントを残したりもしている。

YGは、先日俳優のカン・ドンウォンとも再契約を交わすなど、朗報を続けて報せている。YGには彼らの他に、BIGBANG、BLACKPINK、Sechs Kies(ジェクスキス)、WINNER、iKON、TREASUREなどのグローバルアーティストから、キム・ヒエ、チャ・スンウォン、チェ・ジウ、チャン・ヒョンソン、ユ・インナ、チョン・へヨン、イ・ソンギョン、チャン・ギヨン、イ・スヒョク、キョン・スジン、ソン・ホジュン、カル・ソウォンなどトップ俳優たちが多数所属している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。








[su_spacer size=”30″]

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs