aespaの公式SNSに、『Savage』のカムバックティーザー写真が公開された。このティーザーには、デビュー曲『Black Mamba』を連想させる”蛇”を使ったイメージが映し出されており、ファンも「ついにブラックマンバと対決か?」と注目を集めている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

aespa(エスパ)が、約4カ月ぶりに『Savage』でカムバックする。

4カ月ぶりにカムバックすることが明らかになったaespa

aespaが4カ月ぶりにカムバック!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月14日、aespa(カリナ、ジゼル、ウィンター、ニンニン)の公式SNSに、『Savage』のカムバックティーザー写真が公開された。”Savage”は、”ワイルドな”、”野性的な”、”すさまじい”などの意味を持つという。

公開されたティーザーには、デビュー曲『Black Mamba』を連想させる”蛇”を使ったイメージが映し出され、ファンの注目を集めた。また『Savage』のロゴが鋭くインパクトある雰囲気で、今回のコンセプトに対する期待感を高めている。

これを見たファンは「ついにブラックマンバと対決?」「まだ何も情報が出てないのに、既に楽しみ」「カムバックはいつ? 日付を教えて!」など、待ちきれないという反応を見せた。

aespaは、昨年11月17日にデジタルシングル『Black Mamba』でデビューした4人組ガールズグループ。

今年5月にリリースしたデジタルシングル『Next Level』は、韓国最大の音源サイト”Melon24ヒットチャート”で1位をキープしたのはもちろんのこと、活動終了後もランキング上位圏を維持し、大きな人気を集めている。

特に、本作の振付ポイントである”ティグッダンス”は、腕をハングルの”ㄷ(ティグッ)”のようにする振り付けで大きな話題となり、この部分だけを真似する”TikTok(ティックトック)チャレンジ”が作られたほど。芸能人の中では、少女時代(SNSD)テヨン、TXT(トゥモローバイトゥギャザー)スビン、SHINee(シャイニー)キー、歌手のヨンタクらが振り付けをカバーしている。

aespaの公式Twitterを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

aespa

aespa(エスパ)は、SMエンターテインメント所属のガールズグループとして、Red Velvet(レッドベルベット)以来、6年ぶりにデビューした新人ガールズグループだ。韓国人カリナとウインター、日本人ジゼル、中国人ニンニンの4人で構成されている。

aespaとは、“Avatar X Experience”を表現する“ae”と、両面という意味を持つ英単語“aspect”を結合させている。

2020年11月17日にシングル『Black Mamba』でデビュー。楽曲発表からわずか61日という短期間で、韓国地上波の音楽番組で1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

aespa プロフィール&記事(49)

最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース