今年5月に公開されたaespa(エスパ)の『Next Level』が、7月1日に発表された2021年第26週のガオンストリーミングチャートで1位に。他のランキングサイトでも軒並み1位を獲得し、アメリカのメディアにも次々に取り上げられている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

aespa(エスパ)の『Next Level』が、7月1日に発表された2021年第26週のガオンストリーミングチャートで1位に。他のランキングサイトでも軒並み1位を獲得し、アメリカのメディアにも次々に取り上げられている。

韓国メディアNEWSISによると、aespaの新曲『Next Level』が、ロングランで人気を博している。

aespaの『Next Level』好調を維持! アメリカメディアからもスポットライトを浴びている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

所属事務所であるSMエンターテインメントの発表によると、今年5月に公開されたaespaの『Next Level』が、7月1日に発表された2021年第26週のガオンストリーミングチャートで1位になったという。

この曲は公開直後、韓国音源サイトgenie(ジニー)ミュージック、Bugs(ボックス)、などで1位を獲得して以降も、好調を維持し続けている。6月21日には、韓国最大の音源サイト”Melon24ヒットチャート”でも、チャート改編後に発売されたガールズグループ曲の中で、初の1位を獲得。日刊、週刊チャートでもトップに立った。

そして、今回の新曲はアメリカビルボードの3チャート(グローバル200、グローバルチャート[アメリカ除く]、ワールド・デジタルソング・セールスチャート)と、中国最大の音楽サイトQQ Musicと、Kuwo Music、Kugou Musicなどでも好成績を収めている。

またaespaは、アメリカ合衆国のニュース雑誌”タイム(TIME)”と、アメリカの大衆文化誌”ローリングストーン(Rolling Stone)”からもスポットライトを浴びた。

まず、”タイム”が7月1日(現地時間)に掲載した『2021年現在、最高のK-POPソング』というタイトルの記事には、エスパの『Next Level』が話題に。

「”I’m on the next level”のラップ部分は、ゆっくりと歩いていたリスナーに、想像の中のランウェイを歩かせる。曲の構造も新鮮。中間部分のトラックテンポの変調は予想しなかったが、それもまた心地良い」と称賛。

“ローリングストーン”も、「K-POPガールズグループサウンドの違った一面を見せてくれている。これまでに発表したのは、まだ3曲に過ぎないが、デビューしたばかりのグループとは思えないバリエーションを見せている」という記事を掲載し、注目度の高さを伺わせる。

aespaは2021年6月、ガールズグループのブランド評判1位に。個人ブランド評判でも、メンバー4人が全員トップ10に名を連ねている。

米タイム誌のホームページを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

aespa

aespa(エスパ)は、SMエンターテインメント所属のガールズグループとして、Red Velvet(レッドベルベット)以来、6年ぶりにデビューした新人ガールズグループだ。韓国人カリナとウインター、日本人ジゼル、中国人ニンニンの4人で構成されている。

aespaとは、“Avatar X Experience”を表現する“ae”と、両面という意味を持つ英単語“aspect”を結合させている。

2020年11月17日にシングル『Black Mamba』でデビュー。楽曲発表からわずか61日という短期間で、韓国地上波の音楽番組で1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

aespa プロフィール&記事(36)

最新ニュース

おすすめニュース