SUPER JUNIOR(スーパージュニア)キュヒョンとウニョク、マネージャーの3人が宿舎生活を公開。3人の仲睦まじい姿が視聴者を微笑ませている一方で、“パラサイト”扱いされたウニョクの面白さに話題が集まっている。

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキュヒョンとウニョク、そしてマネージャーの3人が厚い友情を見せて話題だ。

7月25日に放送されたMBCバラエティー番組『全知的おせっかい視点』では、キュヒョンがマネージャーと共に宿舎生活を送っている姿が公開された。

SUPER JUNIORのマネージャー兼キュヒョンのマネージャーは、「普通、除隊したメンバーは個人で生活をするために自炊を始めますが、キュヒョンは他のメンバーと違うようで、宿舎生活が好きなようです。生活費の面でもキュヒョンがいつまでも宿舎生活をしてくれたら良いでしょう」と語った。

SUPER JUNIORウニョクとキュヒョン

SUPER JUNIORウニョク(左)とキュヒョン(右)(画像出典:MBC 全知的おせっかい視点 キャプチャー)

この日の朝、キュヒョンとマネージャーは、お蕎麦といなり寿司を作っていた。すると、突然ウニョクが登場。

キュヒョンが「いたの?2週間ぶりじゃない?」と声を掛けると、ウニョクは「ずっといたよ。スケジュールもないのに、僕がどこに行くっていうの」と返事をし、久しぶりに3人が挨拶を交わした。

マネージャーは、番組とのインタビューで「ウニョクも除隊した後、2年ほど一人で住んでいましたが、寂しくなってまた戻ってきました。宿舎が広く、お互いに部屋にいるのか確認しない仲なので会わないときもあります」と、3人で宿舎生活していることを打ち明けた。

宿舎生活を送るキュヒョンとウニョク

宿舎生活を送るキュヒョンとウニョク(画像出典:MBC 全知的おせっかい視点 キャプチャー)

「スケジュールがない」というウニョクに、1日のスケジュールを尋ねるキュヒョン。すると、ウニョクは「キッチンに来たり、部屋に戻ったり。それが日常だよ」と寂しく語ったため、キュヒョンはウニョクに「出演の分量をあげるから」と、皿洗いをお願いした。

キュヒョンとマネージャーがミュージカルの練習現場へ向かっている間、 ウニョクは皿洗いをする前に、ヘアサロンに行き髪型を整えて戻ってきた。番組出演者たちは「もしかして、皿洗いで映るためにサロンに行ったの?」と驚き、ウニョクは誰もいなくなった宿舎で、皿洗いと番組のカメラで自身の映像を満足気に撮影していた。主人がいない間に身なりを整えて、家の中を自由に行き来する姿は、映画『パラサイト 半地下の家族』を思い起こさせるようだ。

キュヒョンは宿舎に戻ったのち、ウニョクに対して「ねぇ、本当にパラサイトなの?」「もう出演分量をあげたから、自分の部屋のテントに戻ってくれる?」と冗談を言いながら、『パラサイト』に出てきた家政婦のセリフのモノマネをしてスタジオを爆笑させた。

パラサイト扱いされるウニョク

パラサイト扱いされるウニョク(画像出典:MBC 全知的おせっかい視点 キャプチャー)

家政婦のモノマネをするキュヒョン

家政婦のモノマネをするキュヒョン(画像出典:MBC 全知的おせっかい視点 キャプチャー)

『パラサイト』の劇中に出たてきたようなテントを自分の部屋に置き、そこで静かに生活をしているウニョクは、この日、まるで映画のように、シーンスティーラー(scene stealer / 主役よりも人気をさらう脇役)として存在感を誇った。

この放送を見た一部の視聴者からは「パラサイト扱いされるウニョクのシーン、すごく面白くて笑った!」「ウニョクとキュヒョン、長年共に活動しているからこその仲の良さですよね」「末っ子のマウントは相変わらずですね(笑)」など様々な反応が寄せられた。