ソンミの新タイトル曲「サイレン」が、元々Wonder Girlsのタイトル曲候補だった?

Wonder Girls出身歌手ソンミが、今回のタイトル曲「サイレン」は、元々Wonder Girlsのタイトル曲候補だったと告白した。

タイトル曲「サイレン」について語るソンミ

タイトル曲「サイレン」について語るソンミ(出典:etnews.com)

ソンミは4日午後、ソウル・梨花女子大学サムスンホールで、ミニアルバム「WARNING」のショーケースを開催した。

WARNING イメージカット

WARNING イメージカット

ソンミは「サイレン」が、当初Wonder Girlsのアルバムに収録される予定だったという逸話に言及。「Wonder Girlsの活動時期に、タイトル曲候補としてあがった。当時バンド形式で活動しており、バンドの編曲とは合わなかったので収録しなかった。いつかお聞かせできると思っていた」と語った。

ソンミのミニアルバム「WARNING」は、昨年8月に発表したスペシャルエディション「GASHINA」と、その「GASHINHA」の続編として今年1月に発表した「HEROINE」に続く3部作プロジェクトの仕上げとなるアルバムだ。

「WARNING」は、ソンミがすべての楽曲のクレジットに名前を掲載することになった初のアルバムとしても、意味深い。ソンミは今回のミニアルバム「WARNING」の全曲作詞、主要州力曲の作曲、編曲作業に参加した。

タイトル曲「サイレン」はソンミが作詞し、作曲家Frantsと共同作曲をした。

一方、ソンミのミニアルバム「WARNING」は、4日午後6時に各種音源サイトを通じてリリースされた。

▼ソンミ SHOWCASE ▼

▼ソンミ 新曲「サイレン」MV ▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース