Stray Kids(ストレイキッズ)は、8月23日に2ndフルアルバム『No Easy』を発表した。メンバーのヒョンジンが、学生時代の暴力議論からいまだ自由になっていないという、チームとしては苦しい状況が続いているが、JYPの総括プロデューサーパク・ジニョンも、自身のSNSで援護射撃を行うほど、彼らの高い音楽性が担保される1枚となっている。

栄光は永遠に続かない。”栄枯盛衰”は必ず訪れる。

K-POPというワードが世界に知れ渡ってから、10年以上が経っているが、その短い時間でも”栄枯盛衰”が何度も目撃されている。

現在、”絶対的1強”と称されるBTS(防弾少年団)や、世界NO.1ガールズグループと褒め称えられているBLACKPINK(ブラックピンク)でさえ、いつか”衰退した”と言われる時期が来るだろう(もちろん、それを望んではいないのだが‥)。

衰退期は、人気アイドルとしての”甘い果実”を享受し続けるうちに芽生えてしまった、怠慢や自惚れによって訪れることがあるが、ほとんどが世代交代によるもの。

特に、トレンドの変化に敏感で、多くの面で迅速な対応を常に求められるK-POPアイドルにおいては、前者より後者の場合が多い。

現在のK-POP界では、第4世代と分類されるアイドルグループが、徐々に頭角を現しており、先輩たちを脅かしている。

その1組が、THE BOYZ(ザ・ボーイズ)であり、TXT(トゥモロー・バイ・トゥギャザー)であり、第4世代アイドルの先頭グループを走っている、JYPエンターテインメント(以下、JYP)所属のStray Kids(ストレイキッズ)だ。

ニューアルバムで帰ってきたStray Kids

8月23日に2ndアルバム『No Easy』を発売したStray Kids。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月23日、Stray Kidsは、2ndフルアルバム『No Easy』を発表した。

メンバーのヒョンジンが、学生時代の暴力議論からいまだ自由になっていないという、チームとしては苦しい状況が続いているが、JYPの総括プロデューサーパク・ジニョンも、自身のSNSで援護射撃を行うほど、その高い音楽性が担保される1枚となっている。

(関連記事) パク・ジニョン(J.Y.Park)韓国ネット上でディスられてもStray Kidsを推す理由

タイトル曲は『ソリクン(韓소리꾼/英Thunderous)』。

8月23日にYouTubeで公開された『ソリクン』。(画像出典:YouTube JYP Entertainment キャプチャー)

ソリクン(소리꾼)は、”音を出す職人”すなわち、歌手や楽器演奏者を指す古い言葉だ。

17世紀、朝鮮時代に生まれたとされるソリクンは、歌とパフォーマンス、さらには口演を1人でこなす総合エンターテイナーだったようだ。

階級が存在していた朝鮮時代、ソリクンの階級は最下層の賤民(せんみん)。彼らは、庶民の哀歓悲喜を歌いながら、新しい世界への憧れを歌に乗せる”社会運動家”の一面を見せていたという。

今回Stray Kidsは、そんなソリクンに、”アイデンティティーの同化”を感じたかもしれない。世間の逆風に屈することなく「自分たちの声をしっかり出すんだ」と、恐れずに叫んでいるのだ。

『ソリクン』から見えた学習能力と才能

『ソリクン』のミュージックビデオは、アニメーションから始まる。

まるで「新しいアイデンティティーを手に入れた」という序詞を表現しているかのようだ。そして彼らは、朝鮮時代にタイムスリップして”ソリクン”として強烈なパフォーマンスを披露する。

K-POPアイドルのミュージックビデオを見ると、野外撮影が多く、”昼”と”夜”を使い分けた演出が得意である。

例えば、自然と太陽光で曲の持つ清涼感を引き出す演出や、夜の暗い雰囲気に眩しい光を差して強烈なパフォーマンスを引き立てる演出などがそれだ。

本作で彼らは夜と光を使い、メッセージをより強く伝えている。あるファンは「まるでドラゴンボールの実写版のよう」と絶賛したほど。

そして楽曲のスタートを切るのは、チャンビンの韓国語ラップだ。

『ソリクン』で華麗なラップを披露するStray kids、チャンビン。(画像出典:YouTube JYP Entertainment キャプチャー)

韓国語には、*パッチムというものがあり、ラップで表現するには難しい言語である。それ故、韓国語ラップを完璧にこなすことができれば、最高にカッコいいラップが完成する。

*パッチム:日本語の”ん”のように、音節で最後の音を表す子音、または子音字母を指す。

チャンビンは、ただでさえ難しい韓国語ラップを完全に“もてあそぶ”! 彼のラップは”早く正確に読み上げる”ことを超越し、その昔、ソリクンの発声を再現しているようにも感じる。

ラップパートが終わると、K-POP特有のメロディーとボーカルを強調した”立ち止まり”パートが続く。もちろん、スミンとバンチャンのボーカルは申し分ない。

立ち止まりが終わると、いきなり”走り出す”パートへ。ここからは、チーム全員の群舞が始まり、臨場感を生み出す。

パフォーマンスには、ソリクンたちの動きを幾度となく研究した成果が見える。その滑稽な動きを生かしながら、華麗にアレンジしているStray Kidsの姿からは、ある種の”勉強熱心さ”が伝わってきた。

あのBTSも気を緩められない時代へ!

K-POP界のトップを走り続けるBTS。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『ソリクン』のミュージックビデオを見ていると、BTSの『MIC Drop』、同メンバーSUGAのソロ曲『Daechwita』を思い出す。そして群舞には、MONSTA X(モンスタエックス)の洗練された色気が感じられる。

Stray Kidsが、BTSやMONSTA Xを真似していると言いたいわけではない。彼らが持つ学習能力と、自らの色と特技を加えたアレンジセンス(才能)、そして新たなトレンドを作りあげるという力量を褒めたいだけなのだ。

先日、JYPの総括プロデューサー、パク・ジニョンは、自身のSNSでStray Kidsに対してこう綴った。

会社でスタッフと、Stray Kids次のアルバムコンセプトを悩んでいるも、この子たちが作詞作曲した楽曲を聞いて”これで行こう!”

この子たちのクリエイティブ能力は本物です。曲のテーマ、タイトル、作詞、作曲、編曲の全てが、この子たちによって生まれます。だから、この子たちの未来について不安は感じません。Do your thing guys!

パク・ジニョンの言葉を疑いたくはないが、それが本当ならば、K-POPの次世代を牽引するアイドルに相応しい”材木”に違いないと、勝手ながら評価してあげたい。

偉大な先輩であるBTSも、油断させてくれない後輩の存在に、ワクワクしているかもしれない。


Stray Kids “소리꾼(ソリクン)” M/V(動画出典:Youtube)



Stray kids(スキズ)

Stray Kids(ストレイキッズ / ハングル 스트레이 키즈 / 愛称 スキズ)は、Mnetのサバイバル番組「Stray Kids」を通じて選抜された、JYPエンターテインメント所属の8人組ボーイズグループ。

2018年3月25日に、ミニアルバム『I am NOT』でデビューし、2020年3月18日にベストアルバム『SKZ2020』で日本デビューを果たしている。

Stray kids(スキズ) プロフィール&記事(63)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

Stray kids(スキズ) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース