昨日3月9日、訃報が報じられた少女時代 テヨンの父。当日がテヨンの誕生日であったという事から彼女のファンからは彼の死を悼む声と共にテヨンへの心配の声が多く聞かれている。そのような状況の中で現在韓国ネット上ではテヨンの父が過去に受けていたインタビューに注目が集まっている。

テヨンのデビュー当初、彼女の父が語った言葉が注目を集めている。

過ぎた3月9日に訃報が伝えられた少女時代(SNSD/ハングル 소녀시대) テヨン(ハングル태연)の父。
その日はテヨンの誕生日だったということもあり、世間からは多くの驚きと、テヨンに対する心配の声が寄せられた。
そうした状況の中で現在韓国ネット上では、過去にテヨンの父が受けたインタビューへの関心が高まっている。

注目を集めているテヨンの父のインタビュー

インタビュー内でテヨンの父が語っていた事とは…?(出典:テヨン公式INSTAGRAM)

過ぎた2009年に韓国の雑誌‘ウーマンセンス’のインタビューを受けていたテヨンの父。
そのインタビューの中で彼は自身の娘、テヨンについて「同年代の子よりも早熟で、自分がやるべき事を静かに行なうタイプであった」と語りながら彼女を‘本当に何でも出来る子’と評価していた。

またインタビューによるとテヨンは「子供がやりたいことを防ぎたくない」という父の教育方針の元で育てられたとのこと。
幼少期より彼女が勇気を出して何かを成し遂げた際には、彼女を褒めて更に励ましていたというテヨンの父。
テヨンがやるべき事を的確に行えようになったのはこの教育方針が手伝っているという事が推測される。

インタビューの中では「スターになったからにはスターの座から降りる日も来るであろう」と幼くして国民的アイドルとなった娘の未来を心配する親心も語っていた彼。
彼女が少女時代としてデビューして間もない2009年当時から彼女の未来を考えていたという彼は当時テヨンに対し「人生をもっと知るべきだ」という言葉を残していた。

眼鏡店を経営しており、彼女のファンが店へと訪れた際には親しみを持って対応していたというテヨンの父。
そんな彼は遠くから来たファンのために彼女の故郷である全羅北洞全州のガイドを自らが行なうという提案した事でも知られている。

このように娘のみならず、娘のファンに対しても思いやりを持っていたことから彼女のファンからも彼の死を悼み悲しむ声は多く聞かれている。
尚、テヨンの父は急性心筋梗塞でこの世を去った事が3月9日に報じられた。

[su_spacer size”30″]




[su_spacer size”30″]

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs