芸能界の中でも’親友’として広く知れわたっているBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のVと俳優パク・ソジュン。お互いに称え合い、応援し合う二人のエピソードは数多く存在する。今回は、Vがパク・ソジュンに見せた’義理’に注目が集まった。果たしてVの’義理’とは?

韓国芸能界の中でも周知の事実として度々話題に上るBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のV(ブイ / 本名 キム・テヒョン)と俳優パク・ソジュンの仲睦まじい’親友’エピソード。

パクソジュンと仲の良いことで知られるV

Vとパク・ソジュンの親交の深さは芸能界の中でも特に有名だ(画像出典:BTS FaceBook)

今回は、パク・ソジュンが主演をつとめるJTBC金土ドラマ’梨泰院(イテウォン)クラス’のOSTに、BTSのVがプロデュースに参加した楽曲が公開されることになり、両者のファンから多くの関心を集めている。

‘梨泰院クラスOST’の制作会社ブランディングは、BTSのVが参加した’梨泰院クラスOST Part.12-Sweet Night’が13日午後6時、オンライン音楽サイトを通じて公開されると明らかにした。

‘Sweet Night’は、Vがプロデュースやボーカルに参加したアコースティック・ナンバーのINDIE POP曲で、Vの魅力的な歌声が引き立つ曲だという。
VはこれまでRMと共作した’4 O’CLOCK’をはじめ’風景’、’Winterbear’など、自身が作詞作曲を手掛けた楽曲を発表し、音楽的な才能を発揮してきた。今回も持ち前の才能を存分に発揮した楽曲に仕上がっていることだろう。

’梨泰院クラス’に出演中のパクソジュン

ドラマ’梨泰院クラス’にて熱演を披露しているパク・ソジュン(画像出典:awseomeエンターテイメント公式Instagram)

今回、VのOST参加はドラマ’梨泰院クラス’の主人公であり、親友である俳優パク・ソジュンとの縁で実現したものだ。これはパク・ソジュンとの共演で友情を結んだKBS2ドラマ’花郎'(2016年放送)のOSTに参加以来、約3年ぶりのこと。

これまで、Vは映画’使者’のVIP試写会に参加しパク・ソジュンを応援したり、また反対に音楽祭の授賞式ではパク・ソジュンがプレゼンターとして登場してBTSの受賞を見守るなど、公の場での親交に多くの関心が寄せられた。
また、Vはパク・ソジュンのために撮影現場にコーヒーワゴンを差し入れし、パク・ソジュンはBTSの新曲’ON’を自身のSNSで褒め称えるという、プライベートにおいてもお互いをリスペクトし合いながら親交を深めているようだ。

親友である二人が織りなす’ケミ’が今回のOSTにどのように映し出されるのか、ファンをはじめ多くの視聴者が大きな期待を寄せ、リリースの時を待っている。

一方、ドラマ’梨泰院クラス’は毎週金曜日と土曜日の午後10時50分に放送される。

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(974)