SMエンターテインメントと決別していたSNSD(少女時代)ソヒョン(26 서현)が現在の事務所を出て父と一人事務所を設立することになると報じられた。

SNSD ソヒョン

SMとの決別後本格的に女優の道を歩み始めたソヒョン

SNSD(少女時代)ソヒョンが父と二人三脚で本格的な女優としての道を歩むことになりそうです。

ソヒョンは父親をはじめとする少数の最側近と独自の歩みを見せており、個人事務所設立を議論しているなど“本当の独り立ち”の準備に余念がない。
woman.infoseek

去年SMエンターテインメントとの専属契約が終了となったソヒョンは最近までサブプライムという芸能事務所で芸能活動を続けていました.
ただ、サブプライムとの関係は専属契約ではなく、スケジュール調整や雑誌関連仕事の受注などを主要契約内容とするエージェント契約に過ぎなかったとされます。

サブプライム側も「専属契約ではない。アドバイスやスケジュール調整を手伝うくらいの関係だった。」と明かしたようです。
今後ソヒョンは彼女の父と1人事務所を設立し、芸能活動続けていくと韓国芸能界に詳しい関係者は口を揃えております。

一方、ソヒョンはSMエンターテインメントとの契約終了後、SNSD(少女時代)の芸名だった「ソヒョン」という名前を使わず、ソ・ジュヒョンという名前で活動しております。
(ソ・ジュヒョンという名前はソ・ヒョンの本名)

去年MBCドラマ・恋する泥棒(原題:도둑놈, 도둑님 訳すると、泥棒め 泥棒様)で主人公のカン・ショジュ役を演じ、本格的な女優活動を始めたソヒョンは今年7月放送開始するMBCドラマ・時間(시간)に出演することが決まております。

新水木ドラマ「時間」(脚本:チェ・ホチョル、演出:チャン・ジュンホ)で、ソヒョンとキム・ジョンヒョンが共演するという。
「時間」は、人生の最後の時間を過ごしているある男性が、自身のせいで人生を滅ぼした女性のために何もかもを捧げ、死闘を繰り広げるストーリー….
kstyle.com

最近は南北関係の緊張緩和ムードに乗り、北朝鮮での公演で出演したり、統一教育広報大使に任命されたり多忙な活動ぶりを見せています。

韓国芸術団の平壌(ピョンヤン)公演で司会を務めた歌手兼女優ソヒョン(少女時代)が統一教育広報大使に任命された。
niftyニュース

統一教育広報大使に任命されるソヒョン 出典:SBS