9月17日に3枚目のフルアルバム『Sticker』を発売したNCT 127(エヌシーティーイリチル)。発売前の9月15日には先行注文枚数が212万枚を突破するなど人気をみせた。発売後は各種アルバムチャートで1位、各種音源チャートでは現在も最上位圏を記録している。

NCT 127(エヌシーティーイリチル)は、9月17日に発売された3枚目のフルアルバム『Sticker』で、週間アルバムチャート1位を総なめにした。

NCT127

NCT127(写真提供:©スポーツ韓国)

所属事務所のSMエンターテインメントによると、9月17日に発売された『Sticker』は、9月20日に発表されたハントチャート、教保文庫、HOT TRACKS、Yes24、アラジンなど、各種アルバムチャートで“週間1位”を総なめにしたという。

タイトル曲『Sticker』も公開直後に、FLO、VIBE、Melonの最新チャートなど、音源チャート1位になったのに続き、現在も最上位圏を記録している。

NCT 127の今回のアルバムは、予約販売1日で先行注文枚数が130万枚を超えたのに続き、9月15日に212万枚を突破。彼らはカムバック前からダブルミリオンセラーになることを予告し、期待を集めていた。

カムバック当日には、アメリカCBSの人気トークショー『THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN』で、初ステージが公開され、グローバルファンを魅了させた。NCT 127の『THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN』出演は、2019年に続き2回目だ。

アルバムには、今回披露したタイトル曲『Sticker』を含む『Lemonade』、『Breakfast』、『Focus』、『The rainy Night』、『Far』、『Bring The Noize』、『Magic Carpet Ride』、『Road Trip』、『Dreamer』、『Promise You』など、計11曲が収録された。特にタイトル曲『Sticker』は、笛の音が中毒的なヒップホップダンス曲だ。

NCT 127は、9月24日にKBS2『ミュージックバンク』、25日にMBC『ショー!音楽中心』、26日にSBS『人気歌謡』などの音楽番組に出演する。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース