SEVENTEEN(セブンティーン)のメンバー・ミンギュが、梨泰院を訪問したのではないかと議論に包まれる中、所属事務所のPLEDISエンターテインメントが公式立場を明らかにした。

人気K-POPアイドルグループ SEVENTEEN(セブンティーン / 愛称 セブチ)のメンバー・ミンギュが、新型コロナウィルスの拡大が懸念される梨泰院(イテウォン)を訪れたという報道が出た中、Pledisエンターテイメント(以下Pledis)側が公式立場を明らかにした。

SEVENTEENメンバー・ミンギュ

4月25日に梨泰院を訪問したとされるSEVENTEENメンバー・ミンギュ(写真出典:©スポーツ韓国)

Pledis側は「SEVENTEENのメンバー・ミンギュが、梨泰院を訪問した関連報道について多くの方々にご心配をおかけし、心からお詫び申し上げる」とし「ミンギュは政府のソーシャルディスタンス期間中に、社会的規範を守れなかったことに対して本人の過ちを深く反省している」と立場を伝えた。

Pledis側の説明によると、ミンギュは現在、新型コロナウィルスにまつわる症状はなかったが、韓国中央防疫対策本部の勧告を受け、自主的に選別診療所を訪問、陰性と判定された。

続いてプレディスは「愛情と関心をくださるファンの皆様にご心配をおかけしたことを心よりお詫び申し上げる」とし「今後このようなことがないように、当社は所属アーティストが個人衛生規則と社会的距離を置くことに対する警戒心を鼓吹し、社会的規範を遵守するように格別に注意を払いたい」と伝えた。

新型コロナウィルスの拡大を招いたとされる梨泰院

新型コロナウィルスの拡大を招いたとされる梨泰院(画像出典:Google Map)

これに先立ち、韓国メディア・Dispatchは、オンライン上に出回った梨泰院の『アイドル出現の噂』について「BTSのジョングク、ASTROのチャ·ウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEENのミンギュの4人が、4月25日夕方から翌26日未明まで梨泰院の飲食店1カ所と遊興施設2カ所を訪問した」と報道した。

同報道を受けBTS・ジョングク側は「社会的距離を置くための全社会的努力に忠実に参加しなかった点を深く反省している」と謝罪した。チャ·ウヌ側は「事実確認中」という立場を伝え、ジェヒョン側はまだ立場を明らかにしていない。
(関連記事) BTS ジョングクの梨泰院訪問を潔く認めたBigHit「本人は陰性です」

SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。
Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。
ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) プロフィール&記事(195)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。