K-POPボーイズグループSEVENTEEN(セブンティーン)のリーダーエスクプスが、心理的不安の症状を訴えて活動を一時中断すると報じられた。この報道にファンたちは驚きを隠せないでいる一方で「笑顔で戻ってくる日をいつまでも待ち続けています」というような温かな声援を伝えている。

K-POPボーイズグループSEVENTEEN(セブンティーン / 愛称 セブチ)のエスクプス(本名 チェ・スンチョル)が活動を中断した。

心理的な不安症状を訴えて活動を中断したエスクプス

心理的な不安症状を訴えて活動を中断したエスクプス(画像出典:SEVENTEEN JAPAN Twitter)

11月18日、SEVENTEENの所属事務所プレディスエンターテインメント(以下:プレディス)は、公式SNSなどを通じてエスクプスの活動中断の便りを伝えた。

プレディス側は「エスクプス君は、最近心理的な不安症状を訴えており、正確な診断を受けるために多方面で精密に確認中」と説明。

さらに「十分な休息と安定が必要だと判断し、エスクプス本人とSEVENTEENのメンバーたちとの慎重な話し合いの末に、一時的に活動を中断する方向に決定を下した」と明らかにした。

また、ファンに謝罪のメッセージを添えながら「当社はエスクプス君の健康回復のために最優先で措置を取ることで、いつもアーティストの健康と保護のために万全を期するようにする」とし「エスクプス君の健康および活動に関連して、憶測や誤解の無いようお願いしたい」と付け加えた。

誰よりもメンバーとファンを愛していて優しいエスクプス

誰よりもメンバーとファンを愛し、とても優しいエスクプス(画像出典:KBS 2TV Twitter)

エスクプスは、1995年生まれの24歳で、若いながらもチームのリーダーとして12人のメンバーたちを取りまとめ、沢山のCARAT(=カラット / SEVENTEENのファン)たちの声援と愛にこたえようと、誰よりも努力をしてきた優しさが溢れるメンバーだ。

2015年のデビュー以来、リーダーとして計り知れないほどのプレッシャーや重圧感を背負っていたのだろう。

エスクプスの活動を中断の便りを耳にしたファンたちは、「どれだけ時間がかかっても大丈夫ですから、笑顔で帰って来てほしい」「これまでと変わらずセブチを応援し、あなたの帰りを待っています」などの反応を寄せて、エスクプスの健康状態を心配する声が多く見受けられた。

中には、「所属事務所はK-POPアイドルたちに休みも与えず、働かせすぎではないでしょうか?」とし「BTS(防弾少年団)のように、一度長期休暇を与えてみたらどうでしょうか。メンバー全員が元気でいてくれる事が安心に繋がります」と、プレディス側にメンバーの休暇を提案する意見も見られた。

笑顔のセブンティーンが見られますように

笑顔の13人が見られますように..!(画像出典:SEVENTEEN JAPAN Twitter)

現在SEVENTEENは、ワールドツアー「SEVENTEEN WORLD TOUR ODE TO YOU」を行っており、より多くのCARATたちに会えるように全身全霊をかけて一つ一つのステージに力を注いでいる。

エスクプスの活動休止は、CARATはもちろんK-POPファンにとっても心苦しいことではあるが、この機会にゆっくりと休息し、13人のメンバーが再び明るい笑顔で完全復帰することを心から祈っている。