7月23日に開幕となった東京オリンピック。同月25日に韓国代表は、男子サッカーグループリーグで、ルーマニアと対戦、4-0と圧勝した。この試合で2ゴールを決めるなど、大活躍した選手と、SEVENTEENが誇るラッパーの”縁”が、現在韓国ネット上で話題となっている。

いよいよ東京オリンピックが開幕し、世界のトップアスリートが日本に集い、連日熱い戦いを繰り広げている。

そんな中、韓国国民の期待を一身に背負い、メダル獲得を誓う選手の中で、かつて”神童”と呼ばれたサッカー選手がいる。現在、スペイン1部リーグでプレーしているイ・ガンインだ。

サッカー選手イ・ガンイン

イ・ガンイン選手(画像出典:엠빅뉴스YouTubeキャプチャー)

7月25日に韓国代表は、オリンピック男子サッカーグループリーグ(B組)でルーマニアと対戦し、4-0と圧勝した。

この試合でイ・ガンインは、後半に選手交代でピッチに入り、わずか5分で2ゴールを決めるなど大活躍。グループリーグ突破に向けて、大きく前進した。

今年20歳(日本年齢)のイ・ガンインが、その天才ぶりを韓国国民の脳裏に焼き付けたのは、2007年に放送されたサッカー英才育成番組『走れ!シュートリ(달려라 슛돌이)』だ。縦横無尽にグラウンドを駆け回る6歳の子供に、韓国全土が興奮に包まれた。その後もテレビ番組に招待されるたびに、驚くほどに成長した姿を見せてくれる。

彼が出演したテレビ番組の1つに、2010年に放送されたSBS子供番組『やんちゃの探求生活』がある。この番組で、彼が共演したのはなんと、現在SEVENTEEN(セブンティーン)のメンバーとして活躍している、バーノンだった。

SEVENTEENのメンバー・バーノン

バーノンとイ・ガンイン選手との関係性とは?(画像出典:SEVENTEEN公式Twitter)

バーノンは、本名であるチェ・ハンソル(Hansol Vernon Chwe)名義で出演し、ゲストとして様々な小学校の天才たちを取材するミッションを遂行。番組タイトルでもある”やんちゃぶり”を遺憾なく発揮して、番組を盛り上げていた。

イ・ガンインが出演した放送回でも、サッカー神童を挑発(?)するバーノン。当時小学校6年生だったバーノンは、小学3年生のイ・ガンインに「僕より上手いか?」と、1:1の対決を申し込むも、虚しく完敗を喫してしまう。

対決を終え、イ・ガンインの実力に驚いたバーノンは「どうすれば、サッカーが上手くなるの?」と尋ねると、イ・ガンインは「ボールと友達になればいい」と答える。これにバーノンは、呆れた表情を浮かべ「人間とボールがどうやって友達になれるの? ボールに向かって”こんにちは”って挨拶したら、ボールも”こんにちは”って答えてくれるの?」と、再びサッカー神童を挑発。バーノンの反応に、イ・ガンインも思わず失笑するしかなかった。

SEVENTEENのメンバー・バーノンとイ・ガンイン選手

SEVENTEENのメンバー・バーノンとイ・ガンイン選手

過去、番組で共演していたSEVENTEENのメンバー・バーノンとイ・ガンイン選手(動画出典:『やんちゃの探求生活』映像キャプチャー)

この11年前の動画が、イ・ガンインの活躍と共に、再び韓国ネットで話題となっている。今や韓国サッカー界を代表するヤングガイに成長したイ・ガンインの姿も話題だが、バーノンの無茶ぶり(もちろん、番組側の演出であるが)がかわいいと、SEVENTEENファンを中心にネット上で広まっているようだ。

特に、バーノンがイ・ガンインを挑発するセリフ「ボールに向かって”こんにちは”‥」を聞いたファンからは「さすがセブチのラッパー」「アドリブならラップの天才!」などの反応が上がっている。

グループ内でのバーノンは、落ち着きのある性格として知られているため「意外だね!」「やんちゃだったね、かわいい」と、驚いたファンも。

とはいえ、ほとんどのネットユーザーは、韓国代表サッカー選手、韓国を代表するアーティストへと成長を遂げた2人の少年に、感動と感謝の言葉を残している。

SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。

Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。

ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) プロフィール&記事(318)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

SEVENTEEN (セブンティーン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース