K-POP・アニメ・J-カルチャーに新風を吹き込む、新たなNFTプラットフォーム『KLKTN(コレクション)』は、400万米ドルの資金調達を完了し、K-POP アーティストであるケビン・ウーの新しい全米デビューシングル『Got It』に合わせたNFT商品の提供を開始したと発表した。

ブロックチェーン技術を活用する、*NFTプラットフォームであるKLKTN(コレクション)は香港を拠点とし、レコードプロデューサー兼ソングライターのジェフ・ミヤハラ、NFTの分野で最も注目されている1人、ファビアーノ・ソリアーニ、そしてライフネット生命保険の共同創業者として著名な、フィンテック起業家岩瀬大輔の3名によって創業された新プラットフォーム企業。

KLKTNユーザーを独創的で創造的な旅路へ誘うべく、一流のクリエイターとのコラボレーションしながら、ファンとの結びつきの強化や、音楽・カルチャーが持つ最高の体験を、デジタルの世界で実現するという。

*NFT:Non-Fungible Token(非代替性トークン)、ブロックチェーン上で発行された、唯一無二で代替不可能なデジタルトークン。デジタルアイテム、コンテンツの固有性や保有していることを証明できる仕組みのこと。

新プラットフォーム、KLKTN(コレクション)ロゴ

新デジタルプラットフォーム、KLKTN(コレクション)ロゴ(提供:KOLLEKTION コーポレート・コミュニケーション)

KLKTNは、ミュージシャンやアーティストが、舞台裏のコンテンツやクリエイティブ作業の過程を共有し、その一部を購入可能とすることで、ファンとの交流を豊かにすることを目指す。

アーティストは、制作過程の独占的な映像をテキスト、写真、ビデオクリップで共有することに加え、これらの瞬間をNFTと呼ばれる限定的・真正なデジタル製品に変換。ファンは、デジタルでトークン化された特別なコレクターズアイテムや、”Moments(モーメント)”なる”瞬間”を購入し、所有することが可能だ。

KLKTNは、今後も心を動かすクリエイターやミュージシャンなど、世界中の革新的なアーティストとのコラボレーションを予定しており、彼らと共にファンとの関係をより豊かにする方法を探求し、ファンを創造的な旅へと誘うという。

7/23に全米デビューを果たしたケビン(©Kevin Woo [Photographer: Ho Chang])

7/23に全米デビューを果たした元U-KISSのケビン。(©Kevin Woo [Photographer: Ho Chang])

その第一弾として、K-POPアーティストである元U-KISS(ユー・キス)メンバー、ケビン・ウーの米国デビュー・シングル『Got It』にちなんだNFT商品を、2021年7月23日より発売開始。新曲のミュージックビデオにちなんで作られた、オリジナルのコレクターズアイテムが登場した。

ケビン・ウーは、韓国系アメリカ人の歌手、俳優、テレビ司会者、クリエイティブ・ディレクターで、現在ロサンゼルスを拠点に活動中だ。2008年にデビューしたK-POPアイドルグループU-KISSのメインボーカルとして活躍するも、2017年にU-KISSを脱退、ソロ活動を開始。世界的なK-POP業界の爆発的な成長への道を切り開いている。

(関連動画)U-KISS 出身KEVIN WOO、初の英語曲‘Got It’ MV公開!

▼KLKTN公式Twitterを見る(外部リンク)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース