今月30日から放送が開始されるサバイバル番組’Road to Kingdom’。放送開始に先駆けて番組予告が公開されたが、その内容に出演者のファンのみならず、K-POPファン全体から批判の声が殺到している。

‘Road to Kingdom’が放送開始前にもかかわらず批判の的となっている。

4月30日(木)から放送開始予定の、韓国の新サバイバル番組‘Road to Kingdom’。
放送開始前にもかかわらず、現在K-POPファンから多くの怒りと批判の声が届けられている。

放送前に批判を浴びるKINGDOM

放送前なのに多くの批判が殺到した理由とは一体??(出典:MnetK-POP公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

K-POPファンの怒りの理由は、去る2日に公開された番組予告映像にあった。

Mnet公式YouTubeチャンネルから公開された映像ではBTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)や、SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴)、MONSTA X(モンスタエックス / ハングル 몬스타엑스)が1位を受賞する様子を、後ろから眺める番組出演者達が映し出された。

放送前に批判を浴びるKINGDOM

胸が締め付けられる編集が目立った’Road to Kingdom’の予告‥(出典:MnetK-POP公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

メインMCのイ・ダヒにより「あなた(視聴者)がまだ知らなかった彼ら」と紹介された番組出演者達が、「記憶に残る歌手になりたい」、「後ろにだけいるのは辛い」と思いを語る声も流れた予告映像は、観る者の胸を締め付けた。

予告映像の公開後、ネット上では「何で頑張っているグループを、日の目が見えない可哀想なグループとして扱うの?」、「出演者達が有名じゃないって言いたいの? 既に1位を取ったグループだっているのに」、「これだからMnetは悪ネットって言われるんだよ‥」と批判の声が相次いだ。

特に、出演しているグループのファンの怒りは大きく、「こんな予告を見てファンがどう思うか考えなかったの?」、「頑張りを無視されるように扱われて本当に悲しい」、「番組が始まる前から気分が悪いよ」と動画コメント欄にはファンの怒りと悲しみが多く見られた。

予告に姿が映ったBTSやSEVENTEENのファンも「1位を取った歌手達も、こんな予告映像を作られるために1位を取ったんじゃない」と、憤りはK-POPファン全体に広がっているようだ。

PENTAGON(ペンタゴン / ハングル 펜타곤)、ONF(オンエンオフ / ハングル 온앤오프)、Golden Child(ゴールデンチャイルド / ハングル 골든차일드)、THE BOYZ(ザボーイズ / ハングル 더보이즈)、ONEUS(ワンアス / ハングル 원어스)、VERIVERY(ベリベリ / ハングル 베리베리)、TOO(ティーオーオー / ハングル 티오오)の7グループが出演する‘Road to Kingdom’。

第1弾の予告映像で、これほど多くの批判の声を浴びている番組が、次に公開するコンテンツでどれほど悪印象から回復できるのか、という点に関心が集まっている。