BTS(防弾少年団)が米ビルボード”HOT100″の最新チャートで1位を獲得、歴史的快挙を成し遂げた。そしてこの知らせとともに、彼らが記録を更新するまでの記録保持者として、PSYの名前も浮上。最近の彼は、アーティスト活動よりも、社長として活発な動きを見せている。

BTSが米ビルボードのメインチャートで頂点に立てたことは、新たな韓国アーティストの時代の幕開けと言っても過言ではない。

それは、非英語圏のアーティストたちが、安易に入り込むことができない音楽史上に認められたということを証明したからにほかならない。

しかし、彼らがこの記録を塗り替えるまでに、実に8年もの時間を要した。その8年前に”歴史的快挙”として名を挙げたのが、PSYだった。

(関連記事)BTS 米ビルボード’HOT100’チャートで初の1位!あの ‘江南スタイル’を超えた

PSY

PSYが目指すのはパク・ジニョン!?(写真提供:©スポーツ韓国)

2012年に発表した『江南スタイル』は、YouTubeでミュージックビデオが公開されると、世界で爆発的ヒット。振付は”乗馬ダンス”として親しまれた。

当時、韓国の俳優やアーティストのほとんどが、来日イベントで『江南スタイル』を披露したのではないだろうか。それほどまでに『江南スタイル』は大衆に浸透した楽曲だった。

(関連動画)PSY ‘GANGNAM STYLE’ MV

そして同年、本作が米ビルボード”HOT100″で7週間に渡り2位を記録。韓国アーティストの快挙として、最近まで8年間その位置に座していたのである。ちなみに『江南スタイル』のYouTube総再生数は、9月17日現在37億8千万回を超えている。

PSYは変わらずアーティスト活動は続けているものの、長年所属していたYGエンターテインメントを離れ、2018年10月にP NATION(ピーネーション)を設立。起業家、経営者という肩書を得た。

2019年1月に会社設立の発表と同時に、所属アーティスト第1号としてジェシー(Jessi)を迎え入れたと伝えた。そのわずか3日後には、CUBEエンターテインメントを退所したばかりのヒョナとDAWN(当時はイドン)が所属することを明らかにし、韓国芸能界を驚かせる。

事務所設立は4人での船出となった。

事務所設立は、PSYを含む4人での船出となった。

同年7月に、tvNドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』『愛の不時着』、JTBCドラマ『梨泰院クラス』などのOSTに参加して、その名を大衆に知らせている歌手のCrush(クラッシュ)が事務所に合流。今年の9月にはHeize(ヘイズ)が新たな仲間になったと発表し、着々と強力なアーティスト事務所へと成長している。

今年の新年にInstagramにアップされた写真

今年の新年にInstagramにアップされた写真、ここにHeizeが加わることに。(画像出典:PSY 公式Instagram)

PSYのインスタグラムに掲載された写真

PSYのインスタグラムに掲載されたHeizeの写真。(画像出典:PSY 公式Instagram)

そして最近のPSYのインスタグラムでは、自身のことよりも所属アーティストのPRが増えているように見受けられる。

このタイミングというのもあるが、この動きはどうにもパク・ジニョンを思い起こさせる。

パク・ジニョンが”虹プロ効果(Nizi project)”で日本で人気を集めたため、彼のニュースが毎日ネットを賑わせている(当サイトもその1つではあるが)。

パク・ジニョン(J.Y.Park)

パク・ジニョン(J.Y.Park)(画像出典:パク・ジニョン 公式Instagram)

なぜPSYの近況がパク・ジニョンを思い出させるのか。それは、2人の音楽シーンにおける背景が、似ているからかもしれない。

PSYは高校卒業後、アメリカに渡りボストンの音楽大学に入学。自身の音楽に大きな影響を与えたのは、Queen(クィーン)のフレディ・マーキュリーだと明かしている。対するパク・ジニョンは、小学生時代に父親の仕事の関係で、アメリカで2年間を過ごす。この時に出合ったブラック・ダンスミュージックに魅せられ、その後の自身の音楽に多大なる影響を与えているという。またマイケル・ジャクソンのファンとしても、知られている。

現在の2人につく肩書が”歌手・作曲家・プロデューサー・起業家”という点も、共通している。

所属アーティストをプロデュースしつつ、自身もプロデュースする。知名度は他アーティストよりも群を抜いているため、時に自分がトップに躍り出てしまうことも‥。

PSYがパク・ジニョンを意識しているかどうかは定かではないが、起業家である以上、韓国大手3大芸能事務所の1つであるJYPを意識しないはずはない。

コロナ禍の中でも、韓国芸能界の移籍市場は活発に動いているため、今後P NATIONが獲得に乗り出すアーティストは誰なのか、注目を集めることになりそうだ。