『PRODUCE』シリーズの順位操作が明らかになり、脱落した練習生の名簿が公開された中、『PRODUCE』出身アーティストのショーケースでMCを担当した故パク・チソンさんの”神対応”が再注目されている。

11月2日、突然この世を去った韓国の女性お笑い芸人パク・チソンさん(享年35歳)。

彼女は生前、自尊心を大切にし堂々とした姿を見せ、K-POPアイドルのイベントなどでMCとして活躍しながら多くの人々に希望を与える言葉を残してきた。

35歳という若さで他界したパクチソンさん

パク・チソンさんは35歳という若さで他界した(写真提供:©スポーツ韓国)

(関連記事)EXOファンの女性お笑い芸人 パク・チソンさん、遺体で発見‥享年35歳

11月18日、Mnetオーディション番組『PRODUCE』シリーズの順位操作が明らかになり、脱落した練習生の名簿が公開された。

(関連記事)プデュ 順位操作 被害者12名の顔と名前、最終順位

このような中、『PRODUCE』出身のアーティストが操作関連の質問を受け、言葉を詰まらせた際にパク・チソンさんが代わりに答えた映像が再注目されている。

昨年12月、『PRODUCE101 シーズン2』に出演したパク・ジフンが、2ndミニアルバム『360』のリリース記念ショーケースを開催。この日、司会進行はパク・チソンさんが引き受けた。

パクジフンのショーケースで司会を担当したパクチソンさん

パク・チソンさんは、パク・ジフンのショーケースで司会を担当(画像出典:PICKCON Youtube)

ショーケースのステージを終えて、質疑応答の時間を設けたパク・ジフンは、取材陣から「『PRODUCE』の論議をご存知だと思います。操作疑惑に対してどのようにお考えですか」と質問を受けた。

返事をためらっていたパク・ジフンの表情を見たパク・チソンさんは、すぐに「記者さんから質問を頂きましたが、2ndミニアルバムのリリースを記念したお祝いの席であり、この質問への返事についてはご本人の負担になると思いますので、広い心でご理解とご了承お願いします」とフォロー。これに、パク・ジフンも安心した様子でパク・チソンさんに向けて笑みを見せた。

言葉に詰まるパクジフンをすぐにフォローしたパクチソンさん

言葉に詰まるパク・ジフンをパク・チソンさんがすぐにフォロー(画像出典:PICKCON Youtube)

該当の映像を見た一部のネットユーザーからは「アーティストに対する思いやり、記者に対する思いやりが格別」「誰も嫌な気分にさせない素晴らしい配慮だ」「パク・チソンさんが、アイドルのファンにも愛されていた理由がよく分かります」「涙が出てきます。惜しい人を亡くしてしまいました。故人のご冥福をお祈りします」などの反応が寄せられている。

2007年、韓国のテレビ放送局・KBSでコメディアンとしてデビューしたパク・チソンさんは、デビュー1年目から大活躍し、その年の新人賞(KBS芸能大賞)を受賞。

“不器量な外見”をネタにするコントが売りだった彼女だが、「私は自身を不器量だと思ったことが一度もありません。ユニークな顔立ちだと思っています。私自身が私を愛さなければ、誰が私を愛するのでしょうか。皆さんもぜひ、自分自身を愛してください」と語ったことがある。

周囲の空気を素早くキャッチし、ウィットに富んだトークで多くの人に希望を与えてきたパク・チソンさんは、この先もずっと人々の記憶に残ることだろう。