• JTBC『PEAK TIME』に出演中のアイドルグループ、NTXが注目を集めている。
  • 2021年3月にデビューした彼らは、『PEAK TIME』で知名度を高め、着実にファンを増やしているという。そんな彼らの所属事務所VICTORY COMPANYがファンに対する厳重な警告を発表。
  • 韓国オンラインコミュニティーでは、その内容が話題となっている。
JTBC『PEAK TIME』は話題性調査で2週連続1位を獲得した

話題性調査で2週連続1位を獲得したJTBC『PEAK TIME』(画像出典:JTBC Music YouTube キャプチャー)

現在放送中のサバイバルオーディション番組、JTBC『PEAK TIME』が熱い展開を見せている。

アーティストとしての高い実力を兼ね備えながら、様々な理由で活動ができていないアイドルグループが集結し、再起をかけたデビュー争いを繰り広げる『PEAK TIME』。

グッドデータコーポレーションが行った3月4週目の話題性調査によると、『PEAK TIME』は、テレビ部門の総合順位で2週連続1位を獲得し、世間から熱い関心が注がれているという。

(関連記事)「売れたい!」韓国アイドルの叫びに耳を傾ける「PEAK TIME」ネットでは賛辞続々

そんな『PEAK TIME』には魅力的なアーティストが多数参加しているが、その中でも9人組アイドルグループNTXの人気が高まっている。

NTXはJTBC『PEAK TIME』にて話題沸騰中

JTBC『PEAK TIME』にて話題沸騰中のNTX(画像出典:NTX 公式Twitter)

NTXは2021年3月30日に1thミニアルバム『FULL OF LOVESCAPES』をリリースし、正式デビューを果たした新人グループだ。

レベルの高いダンスパフォーマンスと、持ち前の爽やかな魅力でファンの心を虜にするNTX。『PEAK TIME』の出演で、彼らのファンはさらに増加しているという。

そんな話題沸騰中のNTXであるが、彼らの所属事務所VICTORY COMPANYが、ファンに向けてある厳しい警告を公開し、ネット上で注目を集めている。

3月30日、NTXのファン向けのオンラインコミュニティーに、ファンクラブのルールに関する追加事項が掲載された。

追加された文章には、ファンから寄せられたと推測される具体的なメッセージ内容が記載されており、それらを全てアーティストに対する脅迫と見なすと、事務所側はファンに対して強気の警告を出している。

どうやら『PEAK TIME』での活躍で、人気を獲得したNTXのメンバーに対し、これまで応援していた一部の既存ファンが、心のない声がけをすることがあったようだ。

オンラインコミュニティーにはこのように記載されている。

工事がファン向けのオンラインコミュニティーで公開された

ファン向けのオンラインコミュニティーで公開された告知(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

「アーティストと不特定多数のNTFULのコミュニケーションを進行中(公式ペンカフェコメントやツイッターメンションなど)、特定の機能を利用してアーティストとの親睦誇示、または親睦誘導、不健全な内容、アーティストに不快感を与える発言が続いており、秘密のコメント機能の使用を禁止します」

「返事がない、返事をたくさん送ってくれないという理由で、アーティストに対し『寂しい』『ひどい』『私のことはもう好きじゃないの?』『私にしてくれないなら、他のファンにもしないで』のような発言に合わせ、『返事をしてくれなければ、違うアイドルのファンになる』『浮気してやる』のような言葉は全てアーティストに対する脅迫と見なします」

「特定の親睦を誇示し、他のファンにも不快感を与えることがないように、監視を強化する予定です」

これらの告知は現在、韓国のオンラインコミュニティー上で話題となっており、コメント欄には

「本当にこんなことをするファンが実在するなんて‥」

「はっきりとした告知を出すのは素晴らしい」

「アイドルという職業は本当に大変」

「NTXはいい所属事務所に入ったね」

と、アイドルファンの行動に驚く声や、事務所に対する称賛が寄せられている。

今後さらなる活躍が期待されるNTX

今後さらなる活躍が期待されるNTX(画像出典:NTX 公式Twitter)

今回、所属事務所の厳重注意によって、一部の既存ファンの度を超えた行為が明らかとなったが、知名度の低いアイドルのファンの中には、彼らが有名になっていくのを良く思わない人も少なくないという。

世間から認知度の低いアイドルは、大人気アイドルに比べ、コミュニケーションを取ったり、会いに行きやすいというメリットがある。

アイドルとの距離感が近いからこそ、ファンの間で”自分だけが知っている”、”自分だけが親しい”というような独占欲が生まれ、「あまり売れないで欲しい」という感情を引き出しているようだ。

以前とあるアイドルが視聴者投票型のオーディション番組に出演した際には、新たなファンが増えることを恐れ、SNSなどで「〇〇に投票しないで」と呼びかける既存ファンが登場。

自分の推しのアイドルがテレビ番組などで話題になり、疎遠になることを恐れ、そのような行動をしたと推測されている。

売れない時代を応援していた既存のアイドルファンは、好きなアイドルに成功してもらいたいという思いの一方、今の関係を維持したいという2つの感情が共存しており、その狭間で葛藤を繰り広げているようだ。

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3177件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs