韓国にて10月に公開を予定している、映画『悪に捧げ(原題)』。ここで主演を務めるのが、マルチな活躍を見せているパク・ユチョンだ。久々のスクリーン復帰作となったものの、仮処分によって舞台挨拶やインタビューなどプロモーションをするのが厳しい状況のようだ。ここでは『悪に捧げ』の予告編から、作品の魅力を探ってみようと思う。

歌手や演技活動と、多岐に渡り活躍を見せているパク・ユチョン。ファンにとっては待ち遠しかった、新作映画の便りが届いた。

パク・ユチョンのスクリーン復帰作、映画『悪に捧げ(原題)』が公開を控えている

スクリーン復帰作、映画『悪に捧げ(原題)』が公開を控えたパク・ユチョン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

しかし先日、芸能活動を禁止する裁判所の臨時命令(仮処分)取消し申請に対し、ソウル中央地方法院の民事合意部が棄却。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs