12月2日に正式デビューを控え、楽曲やMVに注目が集まっているガールズグループのNiziU(ニジュー)。日本に帰国してからというもの、多くのメディアに引っ張りだこなのは周知の通りだ。そんな彼女たちを指して、韓国では”1兆少女”というニックネームが付けられた(?)という。

正式デビューを目前に控え、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのNiziU。

いよいよ12/2に正式デビューするNiziU

NiziUがいよいよ12/2に正式デビュー!(画像出典:NiziU 公式Instagram)

日本に帰国後は、音楽番組に加えてバラエティー番組にも登場し、それぞれのキャラクターをアピールしている。

(関連記事)TWICEっぽくない? NiziUの新曲タイトルに秘められたJYP成功の法則

何よりも大きいのは、NiziUの広告起用の多さだ。

今年10月より、大手コンビニエンスストアローソンでは”NiziU応援キャンペーン”を開始。テレビCМ放映や店頭で、彼女たちの写真が大々的に飾られているほか、ロッテからはチューインガム・グミシリーズ『Fit’s(フィッツ)』とのタイアップを決定。

また化粧品メーカー、コーセーのまつげ化粧料『カールキープマジック』新ミューズの抜擢に、極め付きは渋谷の街の象徴ともいえるSHIBUYA109とのクリスマスコラボレーションと、日本コカ・コーラ限定で、メンバーオリジナルボトルの発売だ。

コーセーのまつげブランドのミューズにも!

コーセーのまつげブランドのミューズにも抜擢!

1日のうちでNiziUを見ない日はないというくらい、これだけ彼女たちの姿が目に飛び込んでくれば、どんな年齢層でも顔は覚えてしまいそうな勢いである。

なんといっても、年末の『第71回NHK紅白歌合戦』への出場が決定し、幅広い年齢層の目に留まることは必至で、おそらく総合司会の内村光良と何らかのコラボがあるのでは、と今から期待されている。

これら一連の出来事を受けて、韓国メディア”BIニュース”では「NiziUはJYP時価総額1兆の立役者」と伝え「1兆の少女たち」と命名し、NiziUがいかに日本と韓国で大きなブランド力を持ち始めているかを紹介。コカ・コーラ限定ボトルについては、日本でしか販売されないという事まで記載している。

渋谷109ではNiziUとのコラボキャンペーンが始まっている。

渋谷109では11/22より、NiziUとのコラボキャンペーンが始まっている。(画像出典:shibuya109.jp)

また、韓国のWikipediaともいわれる『namuwiki(ナムウィキ)』でNiziUを検索すると、彼女たちのデビュー経緯からメンバープロフィール、応援方法やNiziUケミ(メンバーの組み合わせで付けられるニックネーム)までが詳細に書かれており、韓国でも注目度の高さが分かる。

今日現在、まだデビューを控えた新人ガールズグループが、ここまでの知名度とメジャー広告起用に抜擢されることは、相当異例な事ではないだろうか。

韓国のオーディションシステムを取り入れながら、日本人メンバーで構成された、まさに”バイリンガルグループ”のNiziU。

パク・ジニョンの次なる戦略は…?

パク・ジニョンの次なるNiziU戦略は‥?(画像出典:niziu_artist_official)

常に海外を意識しているJYP創設者、パク・ジニョン(J.Y.Park)が生み出しただけに、必ずやNiziUにおける壮大なプロジェクトが水面下で計画されているだろうことは想像に難くない。

新型コロナウイルスが収束を見せ、渡航が自由になった時、彼がどんなサプライズで彼女たちの新たな羽ばたきを大衆に見せてくれるのか。

スタート地点に立っているNiziUは、これからが本当の始まりである。