NCT127(エヌシーティー127)がビルボードワールドデジタルソングセールスチャートで1位を記録した。

NCT127(エヌシーティー127)が新曲「Simon Says」で、ビルボードワールドデジタルソングセールスチャートで、歴代K-POPボーイズグループ最短期間で1位を記録した。

NCT127

NCT127(出典:Twitter)

ビルボードは10日(現地時間)、ホームページを通じて「NCT127が『Simon Says』でワールドデジタルソングセールスチャートで初の1位を占めた」というタイトルの記事を掲載。4日に発表されたNCT127のワールドデジタルソングセールスチャート1位の意味を伝え、「歴代K-POPボーイズグループのこのチャートでの最短期間記録1位になった」と注目した。

加えて「10月に1stフルアルバム『NCT#127 Regular-Irregular』でビルボード200に初チャートインしたのに続き、新曲『Simon Says』で新たな成果を成し遂げた。2016年7月にデビューし、2年で1位を占め、最も早くトップに立った」と付け加え、NCT127のパワーを再確認させた。

Twitterでも報告した

Twitterでも報告した(出典:Twitter)

[wp-svg-icons icon=”twitter-2″ wrap=”i”] billboard Twitter

さらにビルボードは「これで現在までにNCT127は、5曲をワールドデジタルソングセールスチャートTOP5にランクインさせ、7位初登場の今回のアルバム収録曲「Welcome To My Playground」を含め、計7曲をチャートインさせた」と伝え、今後のNCT127のグローバルな活動をより一層期待させた。


NCT127「Simon Says」M/V

[su_spacer size=”30″]


[korea_sns_button]
[reaction_buttons]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs