• NCT(エヌシーティー)ユウタにとって、2022年は実りある1年になったのではないだろうか。
  • NCT 127の単独ドーム公演、日本映画の出演・役者デビュー、メジャー雑誌の表紙を飾るなど‥。地元・日本で彼の名が最も浸透した年であったことは間違いない
  • しかし、彼を純粋に応援するにはまだまだ難しい環境であることも否定できない。

2022年、NCT(エヌシーティー)ユウタが最も日本でその名を浸透させた年になったのではないだろうか。

NCT 127

『疾走(2 Baddies)』でカムバックし、精力的なプロモーション活動を行ったNCT 127。(画像出典:NCT 127 公式Instagram)

自身の所属するグループNCT 127(エヌシーティーイリチル)で、念願だった東京ドーム公演を実現。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs