先月末、K-POPボーイズグループMONSTA X(モンスタエックス)のメンバー ウォノがチームを脱退するという騒動が起きた。突然のメンバーの脱退に動揺・怒り・悲しみ..様々な感情が溢れたMONBEBE(MONSTA Xのファン)。そんな中、彼らの想いに共感した有名な作曲家がファンに向けて楽曲を制作することに。MONBEBEが着実に世界を動かしているということを実感する出来事だ..

全米で人気のボーイズグループAfter Romeo(アフター・ロミオ)のメンバーで、作曲家としても活躍しているDrew Ryan Scott(ドリュー・ライアン・ スコット / 以下:スコット氏)が、MONSTA X(モンスタエックス)のファンたちに楽曲制作をしていることがファンの間で話題になっている。

有名作曲家のスコット氏

有名作曲家のスコット氏(画像出典:Drew Ryan Scott Twitter)

スコット氏は、MONSTA Xの「Alligator(アリゲーター)」や「PUZZLE(パズル)」をはじめとし、東方神起の「Superstar(スーパースター)」、SHINeeの「Downtown Baby(ダウンタウンベイビー)」など人気K-POPアーティストたちの作曲を手掛けていることはもちろん、嵐、Sexy Zone、三代目J Soul BrothersなどのJ-POPアーティストたちにも楽曲提供したことのある人気作曲家だ。

そんなスコット氏は、MONSTA Xの騒動の中でもメンバーたちをひたむきに応援しているMONBEBE(= モンベベ / MONSTA Xのファン)の想いに共感し、彼らに捧げる楽曲を制作しているという。

これに先立ち10月末、韓国のイシューメイカーたちによってMONSTA Xのメンバー ウォノの過去の出来事が暴露されるという事態が起きた。

暴露内容が真実なのか虚偽なのか分からないまま、ウォノは10月31日に「これ以上グループとメンバーたちに被害を及ぼしたくない」と自らチームを脱退。

これにファンたちは、所属事務所の社屋にメッセージを書き込んだポストイットを貼り付けたり、TwitterなどのSNSを通じてウォノの脱退を反対する動きを見せた。

これまでMONSTA Xと共に作業を進めてきたことのあるスコット氏も、騒動後の11月1日に「会いたいよ!どうか戻ってきて!キミが必要!(We miss u already! Please come back! We need u!)」と、ウォノに関連したハッシュタグを付けてツイート。

さらに、翌2日には「君の場所は空けてあるよ!君が必要!僕たちはずっと待っているよ..(We always have a place for u! We need you! We will always..)」と、騒動の中でMONSTA Xを支えるMONBEBEの気持ちに共感し、ファンのために歌を作ると決意。

その後、どのような雰囲気の曲を望んでいるのか、ファンたちと細かく疎通を行ってきたスコット氏は、友人と共に素敵なMONBEBEソングを制作していることをTwitterで随時報告している。

MONBEBEに向けた楽曲を制作していると報告

MONBEBEに向けた楽曲を制作していると報告(画像出典:Drew Ryan Scott Twitter)

驚くべきことに、スコット氏のMONBEBEソングは、名声やお金儲けの為ではなく、完全にプライベートで制作しているという点だ。

公開されたサンプリングのワンフレーズの旋律はとても美しく優しいメロディーで、多くのファンから早くフルバージョンが聴きたいと耳目を集めている。

デビュー後、誰よりもファンたちのことを先に考えて、誠実に前だけを見てアーティスト活動をしてきたウォノ。

今回、スコット氏のプロジェクトを通じて、ウォノとMONSTA Xがどれだけ世界中のアーティストとファンたちから愛されているのかよく分かる契機となった。

スコット氏がプライベートで制作しているMONBEBEへの楽曲は、近いうちに公開されるようで、どのような楽曲がお披露目されるのかファンたちは期待に胸をふくらませている。