2019年にガールズグループMOMOLAND(モモランド)を脱退し女優に転向したヨヌ。最近、自身のインスタグラムに掲載した意味深なコメントが話題になったのち、”いじめ疑惑”まで浮上して関心を集めている。

韓国芸能界やスポーツ界で”校内暴力”や”いじめ”の暴露が相次ぎ緊張状態が続く中、K-POPガールズグループMOMOLAND(モモランド)出身のヨヌに対する”いじめ疑惑”も浮上している。

ヨヌは、MOMOLANDのメンバーとして、2016年に1stミニアルバム『Welcome to MOMOLAND』でデビュー。だが、2019年に所属事務所側が「歌手活動に愛情を持っていたが、俳優活動と並行するのは無理だと判断し、グループを離れて当社で俳優として活動に集中することになった」と公式コメントを発表してグループを脱退した。

意味深な言葉が注目されているMOMOLANDの元メンバーヨヌ

MOMOLANDの元メンバーヨヌの意味深な言葉が注目されている(画像出典:ヨヌ Instagram)

最近、韓国のオンラインコミュニティー”NATE PANN”に、「ヨヌ、これ程なら行き詰まっていた状態だっただろう」というタイトルの掲示物が登場。そこには2019年以前のMOMOLANDの映像をキャプチャーした写真が数枚添付されており、36万件以上のビュー数を記録して話題になっている(3月9日時点)。

公開された写真の中には、2018年『Mnet アジアンミュージックアワード(MAMA)』に参加した際、横一列に揃って座っているメンバーたちと、少し離れた場所で1人ポツンと座り頭を深く下げているヨヌの姿が写っており、見る人々の視線を集めている。

該当の映像を確認してみると、序盤はMOMOLANDのメンバーたちと揃って座っていたヨヌだが、のちに彼女に背を向けて座るメンバーや距離を置くメンバーなどが見られる。ヨヌはこの状況を黙々と耐えているように感じられ、映像を見るとより一層寂しさが込み上げてくる。

この他にも、メンバーたちが楽しそうに笑いながらホワイトボードに絵を描いている間、ヨヌは誰とも話さず部屋の隅に座っている様子や、メディアのインタビュー映像で他のメンバーたちは互いに抱きあって親しい姿を演出しているが、ヨヌは一番端で1人だけぎこちない表情をしている様子が掲載されている。

該当の写真と映像を見た一部のネットユーザーは、「可哀想‥」「MAMAの映像は見ているだけで涙が出る」「メンバー全員仲が良いと思ったけれど、摩擦があったのかもしれない」などの意見を寄せ、チーム内でのいじめ疑惑に憂慮を示している状況だ。

『2018MAMA』メンバーから離れた席で一人寂しく座るヨヌ(外部リンク)

これに先立って、ヨヌは3月3日、自身のインスタグラムに意味深なコメントを掲載していた。

そこには「사랑해서!(サランヘソ!:愛してるから!)」という一言と、「憎み、多くの人が恨んだ」「これ以上死が怖くない年になったら、愛する人には愛してると言い、憎い人には寒いでしょう? と挨拶する」という本の一部が写っている。

(関連記事)MOMOLAND出身ヨヌ「憎み、恨んだ」意味深発言の意図するものは?

MOMOLANDから脱退した当時、ヨヌはファンカフェに「青春を捧げたことを、新しいスタートのために諦められる勇敢な人は何人いるでしょうか。私はそのような大胆さや、意志はなかった」とし「他のことがしたいという欲で、ファンの皆さんを裏切ったりはしなかった」とコメント。

続けて「愛する人々に誤解を受けて非難されることがどれほど苦しいことか分かりますか? もうやめてください。私が1つ1つ説明できないことをご存知でしょう」と苦しい心境を吐露して話題を集めたことがある。

このようなヨヌの意味深な言葉の数々は、チーム内で起きていた”何らかの出来事”の匂わせなのだろうか。MOMOLANDの続報が注目されている。




最新ニュース

おすすめニュース