• LE SSERAFIMの宮脇咲良の単独ウェブバラエティー『怖いものなんてないクラ』が盛り上がりを見せている。
  • そんな中、番組プロデューサー、パク・ヒョンジュのインタビューが公開された。
  • 彼は宮脇咲良の目が輝いているとプロ意識の高さを証言している。

11月23日、LE SSERAFIM(ルセラフィム)の宮脇咲良の単独ウェブバラエティー『怖いものなんてないクラ』の第1話が公開され、ファンの間で盛り上がりを見せている。

ウェブバラエティー番組『怖いものなんてないクラ』は宮脇咲良が出演する

宮脇咲良のウェブバラエティー番組『怖いものなんてないクラ』(画像出典:怖いものなんてないクラ 公式Instagram)

『怖いものなんてないクラ』は、宮脇咲良が様々なことに挑戦していくプログラムだ。初回にはタレントのカンナムと共に、100キロの白菜キムチ作りに挑戦。

[expander_maker id=”1″]

11月上旬には、江南駅の前にGOT7(ガットセブン)のベンベンと登場し、フードトラックでたい焼き作りを行う姿が目撃されている。

今後番組では、新たな彼女の挑戦として、たい焼き作りの様子が取り上げられる予定だ。

GOT7のベンベンと宮脇咲良が江南駅でたい焼き作りをする

江南駅でたい焼き作りをするGOT7のベンベンと宮脇咲良(画像出典:怖いものなんてないクラ 公式Instagram)

そんな『怖いものなんてないクラ』の演出を担当するプロデューサー、パク・ヒョンジュ(以下、パクPD)のインタビューが公開され、彼の証言が注目を集めている。

パクPDはインタビュー内で、番組を企画することになった経緯や見どころの他に、宮脇咲良の魅力について語った。

彼は宮脇咲良の人物像について尋ねられると、「たくさんの芸能人に会ってきたが、目から意志が輝く人を久しぶりに見た」と明かし、プロ意識の高さに言及している。

「咲良さんは何をしても自分で上手くやりたいという意志が強い。人生の半分、ずっと挑戦しながら生きてきたからか、ここで絶対やり切るという意志が大きかった」

宮脇咲良はIZ*ONEで韓国デビューを果たした

IZ*ONEで韓国デビューを果たした宮脇咲良(画像出典:IZ*ONE 公式Instagram)

宮脇咲良は2011年からHKT48として活躍し、2018年にIZ*ONE(アイズワン)のメンバーとして韓国デビューを果たした。

さらに2022年には、LE SSERAFIMで3回目のアイドルデビューを経験。彼女は他に例を見ない経歴を誇り、輝かしいアイドル人生を送っている。

数々の困難に向き合いながら、努力を重ね、日韓で活躍し続けてきた宮脇咲良。

”プロアイドル”と称賛され、アイドルとしての実力を認められている現在でも、彼女は向上心を忘れず、ストイックに仕事に向き合っている。

与えられたチャンスを生かし、自分をさらに成長させようという熱い情熱が、目の輝きとなって常に溢れているとプロデューサーは証言しているのだ。

これまで番組制作を通し、多くの芸能人やアイドルと関わってきたパクPDは、宮脇咲良を魅力のあるアイドルとさらに言及している。

「咲良さんは長い間、この業界で自分のアイデンティティーを守ってきた人です」「3回のデビューにも関わらず、こんなに多くのファンがいるというのは、それだけ魅力のあるアイドルということでしょう」

単独の新番組というプレッシャーに負けず、積極的に撮影に取り組む姿勢には、宮脇咲良ならではの芯の強さが現れている。

第1話が110万回再生を突破した『怖いものなんてないクラ』

『怖いものなんてないクラ』の第1話は110万回再生を突破(画像出典:겁도 없꾸라 YouTube キャプチャー)

彼女の努力が実を結び、『怖いものなんてないクラ』の第1話は110万回再生を突破(12月7日現在)。

これまでの活動で培ってきた勝負強さを、番組でも存分に発揮した。

パクPDは今後の番組の見どころについて、「咲良さんの魅力に注目して欲しいです。多様な咲良さんの姿をお見せしたいです」と説明。

プロデューサーが不動の自信を誇る宮脇咲良の魅力は、今後も番組内で様々な角度から深掘りされる予定だ。

彼女の冠番組『怖いものなんてないクラ』は、毎週水曜日午後6時に、公式YouTubeチャンネルに公開される。

松原すずの

K-POPや韓国ドラマ関連の記事を投稿している松原すずのです。日頃から韓国芸能情報をチェックし、アイドルの活躍や新ドラマの配信を楽しみにしています。トレンドを通して、韓国文化の魅力を伝えられるような記事執筆を心掛けています。

記事一覧を見る(292件)




[/expander_maker]

22字+21字

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs