12月4日に日本・ナゴヤドームで開催された2019MAMAに、日本の人気俳優 坂口健太郎がプレゼンターとして登場した。坂口健太郎は韓国ドラマ「ごめん、愛してる」のリメイク版に出演したことがあり、また韓国のある俳優に似ていると韓国でも注目を浴びている。

人気俳優 坂口健太郎が、4日名古屋ドームで開かれた「MAMA2019(Mnet Asian Music Awards 2019)」にプレゼンターとして登場した。

2019 MAMAにプレゼンターとして登場した俳優 坂口健太郎

2019 MAMAにプレゼンターとして登場した俳優 坂口健太郎(写真提供:Mnet 2019MAMA)

坂口健太郎は4日、日本・名古屋ドームで行われた「2019 MAMA」に’Favorite Dance Performence賞’を授与するため、ステージに登場した。

黒い色ダブルボタンスーツ姿の坂口賢太郎は「熱気が想像以上」とし、2019 MAMAのプレゼンタ-としてステージに立った感想を述べた。

これに先立って行われたレッドカーペットでは「BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)は、私が初めて主演を務めたドラマのOSTを歌った」とし、最も期待するステージとしてBTSを挙げた。

韓国の視聴者からは、韓国の有名俳優 ソ・ガンジュン(ハングル 서강준)と似ているという反応が上がっている。
一部の韓国メディアからは「坂口健太郎は、日本の有名モデル 兼 俳優。有名男性ファッション雑誌「MEN’S NONNO(メンズノンノ)」のモデルとして活動し、2017年からは俳優活動に力を注いでいる。」と坂口健太郎の経歴などを紹介している。

俳優ソ・ガンジュン

俳優ソ・ガンジュン(画像出典:ソ・ガンジュン インスタグラム)

坂口健太郎は、2004年に韓国で放送された「ごめん、愛してる」のリメイク版に出演し韓国のドラマファンの注目を浴びた。

一方BTSメンバーらとの親交も知られており、昨年BTSメンバー・J-HOPEと韓国ソウルで食事を楽しむ姿が公開され話題となった。

(関連記事)BTS(防弾少年団) J-HOPE、坂口健太郎と韓国でデート?!ほっこり写真をアップ