韓国の音楽業界にもファンを多く持つ“韓国のブリトニー・スピアーズ”と称されるイ・ヒョリ。彼女は現在、アーティストのRAIN(ピ)とMCのユ・ジェソクと期間限定で音楽ユニットを結成し、その勢いと人気は後輩アイドルを脅かしている。これによって90年代、00年代、10年代、20年代と、音楽ランキングで1位を獲得するという偉業を達成することになったのだが、そんな彼女への称賛を快く思っていない人もいるようで‥。

MBCバラエティー番組『遊ぶなら何する?』で結成されたイ・ヒョリ、RAIN(ピ)、ユ・ジェソクの期間限定のアーティストプロジェクトグループ“SSAK3(サクスリー)”。

7月18日にリリースされた『またこの海辺で(Beach Again)』では、多くのアイドルグループを押しのけて音楽ランキング1位に輝き、その実力を見せつけた。

イ・ヒョリのインスタグラムに最近アップされた1枚。

「keep going」というメッセージと共にアップされたイ・ヒョリの写真。(画像出典:イ・ヒョリ 公式Instagram)

彼女は、1998年に結成され活躍したFin.K.L.(ピンクル)でのリリース曲『私のボーイフレンド』で初の1位を獲得。

Fin.K.L.の初の1位楽曲『私のボーイフレンド』(動画出典:YouTube 1theK)

2003年からは、ソロアーティストとしても変わらぬ人気を誇り、同年SBS、KBS、MBCなどの主要メディアが開催する音楽授賞式で大賞(本賞)を受賞するなど、韓国を代表するディーヴァとして称賛される。

また、「イ・ヒョリが新聞の1面を飾ると、売り上げが10%上昇する」と言われ、これまで1面を飾ったのはなんと891回! ギネス認定を受けて、その名が刻まれているという。

2013年発表曲『Bad Girls』、エッジの効いたMV!(動画出典:YouTube Stone Music Entertainment)

グループとして、ソロアーティストとして、ユニットとしても成功を収めた彼女の活動は、順調そのものだ。

しかし、この称賛に「待った」をかけた人物が存在する。音楽評論家のカン・イルグォン氏である。

韓国ウェブメディアWikitree(ウィキツリー)で、その内容が記載されていたので紹介したい。
事の発端は、イ・ヒョリを称賛している記事が“チョー・ヨンピルをも成し遂げることのできなかった偉業”としていることからだった。

まずはイ・ヒョリを「音楽家ではなくエンターテイナー」と呼び、彼女の業績を称える記事に対しては「数字だけ見れば、こんな風に浅はかで大げさな文が出てくる」と不快な様子を見せた。

カン氏が自身のTwitterに書いた批判文。

カン・イルグォン氏が自身のTwitterに書いた批判文。(画像出典:カン・イルグォン 公式Twitter)

そして「信用性のないチャートで獲得した1位の記録について、何を論じることがあるのか」と“音楽家 イ・ヒョリ”を真っ向から否定。

最終的には、彼女が2ndアルバムと4thアルバムリリース時にあがった盗作議論について触れ、「ミュージックビデオを含めれば、3度も盗作問題を起こした人間を称賛することが気に入らない」とし、メディアへ「彼女を音楽家として語るのはやめるべきだ」と強く批判している

***

音楽評論家という立場からすれば、チョー・ヨンピルを下げてまでイ・ヒョリを褒め称えたことが気に入らなかったのだろう。チョー・ヨンピルは“韓国の歌王”とまで呼ばれている人物であり、韓国にコンサートという文化を根付かせた人物とも言われている。

しかし何を以てして“音楽家”とし、“エンターテイナー”とするのか。

恐らく彼女にとってみれば、エンターテイナーの肩書でさえ、誉め言葉と捉えるだろう。

それは、アイドルとして歌手活動を始めた彼女にとって、ファンのためにステージを魅せること、自身のステージを楽しんでもらうことが、何よりも大切にしてる事だろうと思えるから。

カテゴライズするのは周囲がすること。今後の彼女もきっと、最高のパフォーマンスを見せることに心血を注ぐのだろう。



人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース