最近、BTS(防弾少年団)のジョングクが入れているタトゥーに関し、日本の一部ファンが反対署名運動を行い話題を呼んだが、時を同じくして韓国メディア・韓国日報がタトゥーにハマったK-POPアイドルを取り上げていたので紹介したい。

日本ではいまだタブー意識の強いタトゥー(刺青)。日本でも若い世代では入れる人が増えてきたが、一般の理解はまだ得られていないようだ。

しかし、同じアジアの国でも韓国ではすでにファッションの一環としてタトゥーを取り入れている人が多く、特にK-POPアイドルの中には、男女問わずタトゥーを入れている人が少なくない。

今回は、韓国メディア・韓国日報が取り上げた「タトゥーの魅力にハマったK-POPアイドル5人」を紹介する。

BTS ジョングク

BTS ジョングク タトゥー

BTS ジョングク(画像出典:オンラインコミュニティー)

いま最もグローバルな活躍を見せているトップアイドルグループBTS(防弾少年団)最年少メンバーのジョングクは、10代の頃から「タトゥーを入れたい」と公言していたほど、タトゥーに興味があったようだ。

彼が入れているタトゥーは、BTSのロゴ、BTSのファンの名称でもある「ARMY」という文字、メンバーのイニシャル、グループカラーにもなっている紫色のハートマーク、BTSのデビュー日である「0613」、BTSのアルバムタイトル「花様年華」の文字などBTSに関連するものが多い。

また、右腕には「Rather be dead than cool(情熱なく生きるくらいなら、死んだ方がマシ)」と、「Make hay while the sun shines(チャンスを逃すな)」という2つの名言も。

ほかにもマイクや赤い目のイラストなど、アイドルにしてはかなり多くのタトゥーが刻まれている印象だ。

2019年には、タトゥーイストと熱愛説も浮上し、デマが拡散されると双方が否定したが、トップアイドルのスキャンダルに関心が集まった。

TWICE チェヨン

TWICE チェヨン タトゥー

TWICE チェヨン(画像出典:オンラインコミュニティー)

日本でも大人気のガールズグループTWICE(トゥワイス)のチェヨンは、趣味の1つに「タトゥーをすること」とあげるほど、タトゥー好きとして有名だ。

まず手首にあるTWICE公式カラーと思われる強烈な色をした唇の形のタトゥーが目立つ。

チェヨンが刻んでいるタトゥーは、トマトやにんじんといった個性溢れるものや花のイラストなどの可愛らしいものから、左腕や背中の中央には大きめの芸術的なイラストまでさまざまだ。

前述したジョングク同様、タトゥーイストと熱愛説も流れたが、本人も事務所もノーコメントを貫き、その真相はわかっていない。

少女時代 テヨン

少女時代 テヨン

少女時代 テヨン(画像出典:インスタグラム)

第2次韓流ブームを牽引した少女時代(SNSD)のセンターであり、ソロアーティストとしても高い人気を誇るテヨンは、2020年までに合計10個のタトゥーを入れているタトゥーマニアとして有名だ。

1989年3月9日生まれの”うお座”にちなみ、左耳の裏側や左中指の側面など数箇所に魚の絵を刻んでいる。

また親指には初のソロデビュー曲「I」、中指の横には初のソロ正規アルバムのタイトル曲『Fine』の「F」が刻まれ、自身の楽曲への強い思いが感じられる。

2017年に刻まれた首筋にあるタトゥー「Purpose」は、2019年に出演した番組で「無意味に生きたくなかったから(このタトゥーを刻んだ)」という本音を伝え、注目を集めた。

ほかにも右肘の上にある“静けさ、平穏”などを意味する「Serenity」のタトゥーは、心の落ち着く場所が必要という思いから刻んだものなど、見た目は小さめだがどれもセンスを感じさせるものばかりだ。

MAMAMOO ファサ

MAMAMOO ファサ タトゥー

MAMAMOO ファサ(画像出典:オンラインコミュニティー

MAMAMOO(ママム)は、高い歌唱力と派手なパフォーマンスでK-POP界の中でも圧倒的な存在感を放つガールズグループとして知られている。

同性の女性が思わず惚れてしまうガールクラッシュな魅力を持つメンバー、ファサのタトゥーの中で一番目立つのは、同じグループのメンバーであり、同郷全州出身で中学校時代からの親友フィインとの友情タトゥー。

彼女は首元の横にインディアン語で”友だち”を表す「caddo」、足首の後ろには”共鳴”を意味する「Resonance」をフィインとともにタトゥーで刻み、深い友情を表した。

このほかにも自分の洗礼名である「Maria」と「Paradise is where you are(君がいる場所が天国)」という意味が込められたレタリングが首の後ろと右腕の内側に刻まれている。

WINNER ソン・ミノ

WINNER ソン・ミンホ タトゥー

WINNER ソン・ミンホ(画像出典:インスタグラム)

昨年10月、2枚目のソロアルバム『TAKE』をリリースし、話題を呼んだWINNER(ウィナー)のソン・ミノ。

自分の信念をタトゥーとして体に刻んでおり、最も目立つのは「正しい姿勢 澄んだ精神」という独特のハングルタトゥーだ。

普段からさまざまなイベントで、この言葉を座右の銘のように述べてきた彼の信念が強く込められているようだ。

ほかにも酸素を意味する「OXYGEN」という文字や逆さの王冠、両肩には「BE NICE」「BE KIND」というレタリングとブルーのバラなどが刻まれている。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1699)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース