韓国には、日本より一足早く初夏がやってきそうだ。5月のK-POP界では新人アーティストから大物歌手まで、続々とカムバックを発表、その動向に注目が集まっている。

日本では新型コロナウィルスの収束の兆しが見えず、今月4日に緊急事態宣言の延長を発表。これに対し、韓国では新たなコロナ感染者は3人にまで減少し、いずれも入国者であったため国内感染者は実質0人となった。これを受けて規制が少しずつ緩和され、学校の再開も発表された。

それに先立ち、早くもK-POPの活動も活発になりつつある。ほんの一部ではあるが、5月上旬にカムバックを発表したアーティストを調べてみた。

5月1日 SUPER JUNIOR イェソン & Suran

画像出典:SUPER JUNIOR Instagram

爽やかなMVも見所のひとつ。(画像出典:SUPER JUNIOR Instagram)

SUPER JUNIOR イェソンが、シンガーソングライターのSuranとタッグを組んで「Still Standing」をリリース。2人の個性あふれる声を吹き込んだメロアコースティックポップジャンル。暖かな風と眩しい日差し、色褪せない記憶を語るように紡ぎ出した歌詞が印象深く、リスナーたちの“春の感性”を刺激している。

動画出典:YouTube SM STATION

5月3日 ソン・シギョン

先行発表された楽曲

先行発表された楽曲“And We Go”(画像出典:ソン・シギョン Instagram)

韓国で5月2日にスタートしたtvNバラエティ番組“ON&OFF”にレギュラー出演中のソン・シギョンが、約2年ぶりに新曲を発表8枚目のフルアルバム発売に先駆けて、3日にデジタルシングルを発表した。歌詞は全編英語のポップソングで、5月の季節にぴったりな、そよ風が今にも香ってきそうな楽曲となっている。

動画出典:YouTube tvN



5月4日 少女時代 テヨン

カムバックイメージフォト

テヨン、カムバックイメージフォト(画像出典:テヨン Instagram)

父親の逝去により発売を延期していたテヨンの新曲が発売された。オールドスクールドゥーワップとR&Bを、現代的サウンドにアレンジしたポップジャンルで、愛する人と楽しむ時間の中で感じるときめきや幸せを歌詞に込めている。発表と同時に韓国の音源配信サイトで上位を独占している。

YouTube SM STATION

5月4日 ASTRO

完全体となったASTRO

完全体となったASTROのニューアルバム。(画像出典:ASTRO Instagram)

メンバーのムンビンが復帰して完全体としてカムバックを発表したASTRO。7枚目のミニアルバム“GATEWAY”のタイトル曲“Knock”は清涼感のサウンドにパワフルな歌声が調和されたヒップホップナンバー。時空を超える斬新なMVにも注目だ。

動画出典:YouTube ASTRO公式チャンネル



5月6日 IU & BTS SUGA

いよいよコラボ曲が発表

いよいよコラボ曲“EIGHT”が発表!(写真提供:(c)スポーツ韓国)

2人のコラボレーションが発表された日は、名前がSNSのトレンドに上がるほど話題となったIUのカムバック予告。発売を控えティザー映像が公開され、ファンの心を躍らせた。映像では近未来的で真っ白な空間にIUが入室し、無機質なベッドに横たわる。映像の後半には“あなたのすべての記憶を保存しますか?”と表示される。これは一体何を意味するのだろうか‥?

YouTube 1theK

5月7日 赤頬思春期 & EXO ベクヒョン

ソロアーティストとして再始動

ソロアーティストとして再始動した赤頬思春期。(画像出典:赤頬思春期 日本公式ツイッター)

ソロアルバムの準備中と明かした

ソロアルバムの準備中と明かしたEXOのベクヒョン。(画像出典:ベクヒョン Instagram)

ソロとして再始動した赤頬思春期が発表した新たなミニアルバムに、EXOのベクヒョンが参加していることを発表。赤頬思春期の楽曲に他のアーティストがフィーチャリングするのは異例なことだが、再スタートの幕開けとして新たな試みに挑戦した楽曲に、期待が高まっている。

また、ベクヒョンも5月末を目標にソロアルバムの準備中であることが明らかになった。

5月11日 NU’EST

シックな雰囲気のNU'EST

シックな雰囲気で新たな一面を魅せる。(画像出典:NU’EST LINE公式アカウント)

8枚目のミニアルバム“The Nocturme”をリリースするNU’EST。本作は“夜”をテーマに作成されており、イメージ写真も、ダークでミステリアスな雰囲気だ。タイトル曲“I’m in Troubke”は作詞・作曲にメンバーのベクホが参加。R&Bジャンルで作成されたという楽曲で、現実とファンタジーを表現しているという。



5月12日 ペク・チヨン & オン・ソンウ

ペク・チヨンと異色のデュエット

ペク・チヨン&オン・ソンウの異色デュエット。(画像出典:オン・ソンウ 公式Twitter)

Wanna One出身のオン・ソンウが“OSTの女王”ペク・チヨンとデュエット曲“どんな言葉も”をリリースする。ペク・チヨンの所属事務所は「現実的な歌詞と2人の切ない表現力がリスナーの心を刺激するだろう」と伝えている。新たなタッグは、どんな化学反応を生み出すのか、発表が待ち遠しい。

5月下旬にも、TXT、NCT127、MONSTA X、SF9などのカムバックが控えており、5月の音楽チャートはどんな変動を見せるのか注目である。しかし、カムバックを発表したものの、サイン会やショーケースなどの発表はなく、歌番組もまだまだ無観客で収録される可能性は大きい。カムバックという嬉しい知らせも、実際にファンと交流できる日が来るのはいつになるのか不透明な状況に変わりはない。

オンラインでも嬉しいことに変わりはないが、やはり目のまえで迫力あるパフォーマンスや歌声が聴きたいものだ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

IU

歌手兼女優のIU(アイユー / ハングル 아이유)。

歌手活動をしながらドラマや映画などに出演するなど女優としても活動を行い、またバラエティ番組に出演したり様々な広告モデルを務めるなど、マルチエンターテイナーとして活躍中。

IU プロフィール&記事(42)