今月14日、YouTubeチャンネル『近況オリンピック』で、『Produce101』や『アイドル学校』などのオーディション番組に出演したイ・ヘインが順位操作について語った。I.B.Iとしてデビュー歴もある彼女が、当時を振り返る。

イ・ヘインが『Produce101』順位操作事件について話した。

イ・ヘイン

『Produce101』『アイドル学校』に出演したイ・ヘイン(画像出典:Youtubeチャンネル『近況オリンピック』)

今月14日、YouTubeチャンネル『近況オリンピック』に 『イ・ヘインに会う-議論の後···。プデュ101→I.B.I→アイドル学校練習生の近況』というタイトルの映像がアップされた。

まず『Produce101』の順位操作事件について、「当時聞いていたら悔しかったと思うけど、もう過ぎた話だから(何も感じなかった)」と笑って見せた。

そして「周りから”プライドはないのか”と言われるけど、それでも私はもう一度チャレンジした。オーディションをやるだけやったし、やっている間に大変だと思ったことはなかった」と語っている。

また、I.B.Iでデビューした当時について「その時、本当に駆け足で2週間だけ活動して。デビューして引退。まるで夢を見ているようだった」と振り返った。

「Mカ(Mcountdown)でデビューした日、控え室に並んであいさつする時、I.O.I(アイオーアイ)も出演することになってたんですが、 スタッフたちが私たちに向かって”*一般人か?”って‥。さすがにメンバーの子も何人か泣いてた」とも明かした。

*I.B.I‥韓国語の一般人を英語にするとilbanin(イルバンイン)となり、その頭文字がIBIであることをからかわれたとのこと

また、『アイドル学校』の順位操作問題については、「その議論が起こった時、ある記者が父親を尋ねてきてインタビューをしてるんです。そういうことって当事者に聞くべきなのに。それがあまりにも嫌で、先手を打って、夜中に議論について自分の言葉で綴ってアップしました。」と説明した。

これを見たネチズン(ネットユーザー)は「プデュにしてもアイドル学校にしても、イ・ヘイン脱落は理解できない」「最後の11人を選ぶ時、ヘインを選んだ」「最後までイ・ヘイン様に投票し続けたのに‥」「最後に咲く花がどの花よりも美しい」などの反応を示している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース