韓国のオンラインコミュニティー“ク・ハラ ギャラリー”に、1日も欠かさずク・ハラの写真を投稿し続けているファンがいる。なぜそのユーザーは粘り強く写真を投稿しているのだろうか。それには、ある理由があった。

KARA(カラ)で活躍し、人形のような容姿で大衆から多くの愛を受け、数々のヒット曲を残した故ク・ハラ。

彼女のファンの間では、今でもずっと爽やかで美しく、明るい表情で歌を歌う彼女の姿が焼き付いている。

故クハラ

故ク・ハラ(画像出典:ク・ハラ Instagram)

6月28日、韓国メディアWIKITREEによると、韓国の各種オンラインコミュニティーには『一日も欠かさず、何ヶ月間も一人でク・ハラ ギャラリーを守っているファン』というタイトルの掲示物が公開されて、ネットユーザーの間で話題になっていると報じられた。

該当の掲示物には、ク・ハラ ギャラリーの掲示板のキャプチャー画像が含まれており、“Piano”というニックネームを名乗るファンが、一日も欠かすことなく故人の写真を掲載している様子がうかがえる。

クハラの画像を掲載し続けているファン

ク・ハラの画像を掲載し続けているファン(画像出典:DCインサイド ク・ハラ ギャラリー)

あるネットユーザーは、「偶然ク・ハラのギャラリーに入ってみたら、Piano氏が一人でずっと写真を掲載していた。なぜ絶え間なく写真をアップしているのだろうか。特別な理由でもあるのだろうか」とコメントを残すと、Piano氏は「ク・ハラさんを好きなこと以外に特別な理由はありません」と答えた。

それだけではなく、該当のユーザーは時々故人に短い手紙を残しており、まさにその姿は“純粋にク・ハラのことが好き”というそのものであった。

『昼ごはん』と書かれているタイトルには「お昼ごはん美味しく食べてね」と日本語で書かれており、その他の掲示物には「天気がよく晴れていて陽の光も暖かいね。ク・ハラさんも暖かな日差しを見ながら、元気に過ごしていることを常に望んでいるよ」などと綴られている。

中には日本語で書かれたメッセージも

中には日本語で書かれたメッセージも(画像出典:DCインサイド ク・ハラ ギャラリー)

この写真を見たネットユーザーたちは「写真と文章を見て涙が出ました」「ハラさんがいつも幸せでいてくれたら嬉しい」「ハラちゃんがこの世にいないだなんて、未だに信じられない」「ずっと見守ってくれているファンがいて、ク・ハラも天国で喜んでいるでしょうね」など様々な反応が寄せられている。

一日も欠かすことなくク・ハラの写真を投稿し、彼女の姿に懐かしむ様子を見せ、変わらず愛を送り続けているファン。だが、もうク・ハラからの恩返しを受けられることはない..

しかし、該当のユーザーは「恩返しはすでに沢山貰いました。ク・ハラさんが存在していたということが、私にとって大きな恩返しなのです。今度は私が彼女に返す番なのです。またク・ハラさんを思い出したらギャラリーに足を運んでください。それが私が出来る恩返しです」と語っており、どれほどこのファンにとってク・ハラが大きな存在だったのか、改めて彼女の偉大さを知る出来事となった。