K-POPグループJYJのキム・ジュンスが、コミュニティ ポータルサイトの投票で「結婚式で祝歌を歌って欲しいスター」1位に選ばれた。彼のデビュー当初から変わりのない優れた歌唱力と感性が1位となった要素のようだ。

声だけで人々に感動を与え、様々な表現ができるアーティストでもありミュージカル俳優のキム・ジュンス(ハングル 김준수)が、結婚式で祝歌を歌って欲しいスターに選ばれた。

ジュンス じゅんちゃん キムジュンス

結婚式で祝歌を歌って欲しいスター1位のジュンス(画像出典:cjes official Instagram)

コミュニティ ポータルサイト DCインサイドとマイセレブが運営中の「エキサイティング ディッシュ」が、8月25日から31日までの計7日間で「結婚式で祝歌を歌ってもらいたいと思うスターは?」という投票を実施した結果、キム・ジュンスが1位に輝いた。

ネットユーザーたちが選んだキム・ジュンスに対する魅力的なキーワードでは「変わりない(변함없다)」が77%で1位となり、その他「感性的(감성적)」「かっこいい(멋있다)」「ハンサム(잘생기다)」が後に続いた。

キム・ジュンスは計730票中364票を得て、49.9%の圧倒的な支持率で1位を独占し、2位は274票を得たイ・スンギ、3位は52票でソン・シギョンが名前を挙げた。

ジュンス 歌 演技 ミュージカル

デビュー当初から変わらぬ歌声が1位の決め手!(画像出典:エキサイティング ディッシュ)

今回のアンケート調査で1位を占めたキム・ジュンスは、長期間の練習生生活を経たのち、2004年5人組アイドルグループ東方神起のXIA(シア)ジュンスとしてデビュー。

こうして歌謡界で名を広めたキム・ジュンスは、可愛らしい容姿とは相反する力強く濃厚で、彼だけが持つ独特な感性と優れた歌唱力でファンや大衆の心を一気に惹きつけて感動させた。

2009年SMエンターテインメントを離れたキム・ジュンスは、2012年初のソロアルバム「Tarantallegra」をリリースし、「必ず昨日」「Incredible」「ROCK THE WORLD」など多数の曲をリリースして多くの声援と愛を受けている。

何よりキム・ジュンスは、彼のその声だけでドラマを作りあげる人物であるため、ドラマ「世界のどこにもない優しい男」「太陽の末裔」「奇皇后」「六龍が飛ぶ」「緑豆の花」など数多くのOST(オリジナルサウンドトラック)に参加してドラマを盛り上げ、OSTの強者として名声を得た。

このように声だけで視聴者を魅了するキム・ジュンスが、結婚式で祝歌を歌ってくれるのならば、新郎新婦だけではなく参列したゲストなど、そこに居る全ての人々を幸せの渦に巻き込むに違いない。

今年8月、世宗(セジョン)文化会館大劇場で行われたミュージカル「エクスカリバー」を成功裏に終えたキム・ジュンスは、どのような歌でカムバックを果たすのか今後の活動が注目されている。