• キム・ヒョンジュン(SS501)の飾らない日常が話題だ。
  • アジア全域で高い人気を誇る韓流スターの転職(?)理由とは?
  • 2016年には、自身が所有する土地にあった無名のお墓を移した経験も。
トウモロコシ栽培に取り組む近況を公開したキム・ヒョンジュン

トウモロコシ栽培に取り組む近況を公開したキム・ヒョンジュン(画像出典:インスタグラム)

韓流スターキム・ヒョンジュン(SS501)の飾らない日常が話題だ。

去る5月29日、キム・ヒョンジュンは自身のユーチューブチャンネルに『農事農事農事‥(答えが見つからない)』というタイトルの映像を公開した。

本映像には、畑を整備しトウモロコシを栽培する彼の姿が映し出されている。5月初めには、自身のSNSを通して「なりゆきで始まった農村生活。トウモロコシ栽培が上手くいけば、皆さんに配ります」とコメントも。

懸命にトウモロコシ栽培に取り組む彼の姿を見たファンからは、「頑張って!」「(動画アップが)毎日の楽しみ」と応援と激励のメッセージが殺到する一方で、アジア全域で高い人気を誇る韓流スターの転職(?)理由を尋ねる声も寄せられた。

その理由について当の本人は「(不動産投資を目的の購入した)土地を放置してはいけないから」と答えている。十数年前に購入した土地だが、地価下落のため現在は購入当時価格の5分の1にも満たない水準になっているとか。

「農事用の土地だから、農事をしないと政府に帰属される。(売りたくても)買い手がいないから、仕方なく‥」と嘆くキム・ヒョンジュン。挙句の果てにコンテンツ制作会社と手を組んで“農事コンテンツ”制作に至ったようだ。

土地にまつわる苦い思いは、他にもあるようだ。

去る4月には「2007年に開発予定地だった土地を購入したが、開発が遅れたため、大きな損失を被る事になった。結局2016年に売却したが、買い手がその土地に無名のお墓が3基もあると連絡がきた。僕の土地だし、ご家族の方を探しても見つからなかったため、僕が改葬した」と、過去の経験を淡々と告白した。

『花より男子(2009/KBS)』キム・ヒョンジュン

花より男子(2009/KBS)』キム・ヒョンジュン(画像出典:KBSドラマ)

2005年アイドルグループSS501のリーダーとしてデビューしたキム・ヒョンジュン。自身の出演作『花より男子(2009/KBS)』が空前の大ヒットを記録し、韓流スターとして全アジアを舞台に精力的に活動をしてきた。

韓流スターとして確固たる地位を築き上げたが、プライベートの事で一時自粛を余儀なくされる一幕もあった。2022年2月には一般女性と結婚して同年10月には長男が誕生。一家の大黒柱として、農業に取り組む(もちろん、コンテンツではあるが)姿でかねてより応援してきたファンを微笑ましくさせている。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1371件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs