「PRODUCE 48」から誕生したガールズグループIZ*ONE(アイズワン)。「PRODUCEシリーズ」の順位操作事件の影響を受けアルバムの発売が無期限延期となっていた彼女達であったが絶望的な状況を乗り越え、カムバックを果たす。しかしこれに対しネット上では賛否が分かれている。

カムバックを控えるIZ*ONEに対する反応が二分している。

「PRODUCEシリーズ」の影響による活動中断状況を乗り越え、晴れて来たる2月17日にカムバックが決定したIZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)。
延期となっていた彼女達初の正規アルバム「BLOOM*IZ」の発売には既に多くの関心が集まっている。

IZ*ONEのカムバックに聞かれる賛否の声

無期限発売延期という状況を乗り越え、2月17日遂にファンの元に届く「BLOOM*IZ」(出典:IZ*ONE公式Twitter)

本日4日午後からは遂にアルバムの予約販売もスタートし、本格的なカムバック体制に突入し始めた彼女達。
現在、彼女達の帰還の足音が近づいていることに対しファンからは

「IZ*ONE、帰ってきてくれて本当にありがとう」
「これからは幸せなことだけが起こりますように」
「やっと新曲がフルで聞ける事が本当に嬉しいよ!」
「IZ*ONEはこれから一生花道だけを歩いてね」
「これからもっと華やかに咲いていこうIZ*ONE!!」

といった彼女達が歌謡界に戻ってくることを大きく喜び、歓迎する声が非常に多く聞かれている。

しかし一部からは依然として彼女達に対し厳しい視線が向けられ続けている。
その原因の一つにはIZ*ONEと同じく「PRODUCEシリーズ」から誕生したX1(エックスワン / ハングル 엑스원)が、活動を再開する彼女達とは反対に解散の道を歩んだことにあるようだ。

一部ネット上からはカムバックを果たすIZ*ONEに対し

「X1は解散したのに何でIZ*ONEはカムバックできるの?」
「X1は解散させられたのにIZ*ONEが活動出来る理由が分からない」

等といったX1とIZ*ONEの歩む道の差に疑問を唱える声が聞かれている。
それと同時に「PRODUCE 48」内で行われた操作に関連し、

「不正操作でデビューを果たした人達がまたお金を稼ごうとする事に呆れる」
「サバイバルオーディションで勝ち抜いた12人組っていう肩書きに意味が無くなった」
「操作の被害でIZ*ONEのメンバー入りの権利を奪われた練習生がいる事が明らかになった中で活動するのはちょっと…」

という声も継続して見られており、このような声からは依然として彼女達に対する「操作」というレッテルが残っている事がうかがえる。

一部からの批判の声が続く中で、活動を再開する事となるIZ*ONE。
このような批判が彼女達の精神状態に影響をきたさないかという懸念の一方では、今回の活動を通じて「操作」というレッテルをIZ*ONE自らが払拭することに対する期待も高まっている。

IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) 最新記事はこちら(381)


この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs