いじめの加害者として疑惑が浮上していたSISTAR出身の歌手 ヒョリンが被害を訴えていたA氏と和解したとの報道が行われるもネット上からはヒョリンに対する批判の声が依然して見られた。

SISTAR出身の歌手、ヒョリン(ハングル キム・ヒョジョン / ハングル 김효정)に浮上していた虐め加害者疑惑の騒動が終結に向かった。

いじめの加害者疑惑が浮上していたSISTAR出身の歌手、ヒョリン

いじめの加害者疑惑が浮上していたSISTAR出身の歌手、ヒョリン(出典:ヒョリン公式インスタグラム)

先日25日にヒョリンから虐めを受けていたと語るA氏のネットの書き込みによって浮上した当疑惑。

韓国メディア曰く、疑惑浮上後にヒョリンとA氏は対話する機会を作り、話し合いを行ったとのこと。
話し合いの場では今回の騒動が生まれる原因となった過去についての互いの意見を話したというA氏とヒョリン。
そんな二人は最終的に「互いの心の傷が深まることを望まない」という終着点に行き着き、円満な解決に至った、という報道が行われた。

また、ヒョリンの所属事務所のBridge側も上記の状況を考慮し、ネット上に行われた暴露書き込みに対し「名誉毀損で対応する」という立場を撤回した。

A氏とヒョリンが対話を行ったことにより、終結したと報道された今回の騒動。
しかし、韓国ネット上では今回の騒動が円満に解決したという報道に対し
「真実を隠そうとしないで」
「世間は二人が和解したかどうかじゃなくて、ヒョリンが虐めをしていたのが真実だったのかが知りたいのに」
「二人は和解出来たのかもしれないけど、世間とヒョリンは和解出来なかった」
等という、真実が曖昧になったことに対し眉をひそめる声が多く聞かれた。

更に上記のような声に加え、
「母親の立場として今回の件は許せない。」
「優しいフリをして番組に番組に出ないで欲しい」
「現在子供を育てている立場としてはヒョリンの姿をもうテレビで見たくないし、歌も聴きたくない」
というヒョリンに対する厳しい批判の声が依然として聞かれることとなった今回。
このような声は特に子供を育てている親の立場である人から多く聞かれることとなった。

学校内暴力や虐めが社会問題となっている現代。
こういった世の中の現状から今回の報道が学生達に悪影響を与えるのでは無いかと危惧する声も一部で見られている点からは、今回の騒動は今後のヒョリンの活動に何らかの影響を与えることが推測される。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加