先日、自殺を図ったと見られているKARA出身のク・ハラが意識回復後日本のメディアを通じて心境を告白した。韓国ネット上ではク・ハラを応援する声が多く聞こえた。

先日26日、自殺を図ったと見られているKARA(ハングル 카라)出身のク・ハラ(ハングル 구하라)が現在の自身の心境を告白した。

意識回復後、心境を告白したク・ハラ

意識回復後、心境を告白したク・ハラ(出典:ク・ハラ公式INSTAGRAM)

今回、日本のメディアを通じて自身の心境を打ち明けたク・ハラ。

そんなク・ハラは、今回自殺を図ったことに対し「心配をかけてしまい申し訳ない。」と謝罪の意を表わした。
ク・ハラ曰く、現在彼女の体調は回復傾向にあるとのこと。
この事実を伝えた後、ク・ハラは再び「本当に申し訳ない」と謝罪の言葉を繰り返し「これからは強く健康な姿を見せることが出来るよう努力する」と語った。

25日に「さよなら」という投稿をインスタグラムに残した後にマネージャーとの連絡がとれなくなったク・ハラ。
その後、ク・ハラが鬱病を患ったことを知っていたマネージャーはク・ハラの自宅に向かった際、意識を失ったク・ハラを発見した。

病院に運ばれた後治療を受けたク・ハラはその1日後に無事意識が回復。

一方、ク・ハラが意識不明となったというニュースを受けたファン、そして芸能界からはク・ハラに対する心配の声や応援の声が数多く届いていた。

今回のク・ハラが意識回復後に心境を告白したという報道を受け韓国ネット上からは
「私の10代をすごく幸せなものにしてくれたク・ハラを心から応援する」
「ハラは悪くない、頑張って、応援してる」
「これまで辛い思いをしてきたハラがどうして謝らなきゃいけないの…謝るのはハラを追い込んだ人達だよ」
「これからは幸せなことばかりがハラに訪れますように」
「もう二度と死のうだなんて考えないで元気な姿でまた会おう」
等というク・ハラを応援する声が多く聞かれた。

しかし、その一方ではク・ハラに対する心ない悪質なコメントも見られることに。

こういったコメントに対しては
「こんな状況でも悪質コメントを書き込む人がいるの…」
「悪質コメントを書く人達は本当に救いようがないね」
「ク・ハラにはどうか悪質コメントなんか気にしないで元気を出して欲しい」
といった声が見られると同時に、悪質コメントに対し直接注意を行っているネットユーザーの姿も多数見られることとなった。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加