2月28日、NU’ESTの所属事務所であるPLEDISエンターテインメントは、「NU’ESTの専属契約が3月14日に終了する」と発表。事実上の解散に対し、様々な議論が交わされる中、韓国オンラインコミュニティーでは親会社のHYBEを批判する声が上がっているという。

NU’EST(ニューイースト)が、事実上の解散を迎えたという報せに、韓国ネットで甲論乙駁が巻き起こった。

2月28日、韓国の複数メディアは「デビューから10年、NU’ESTメンバーがそれぞれの道を歩むことに」「事実上解散へ」と一斉に報道。多くのファンは、戸惑いを隠せずにいる。

NU’ESTが3月のアルバムを最後に公式活動を終了する

NU’ESTが3月のアルバムを最後に公式活動を終了する(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

だが、NU’ESTの解散を論じるのは時期尚早のよう。

HYBE傘下のミュージックレーベルであり、NU’ESTのマネジメントを担当しているPLEDISエンターテインメントは「現在、メンバーのJRとアロン、レンの専属契約解除のみが決まっており、グループの解散や今後の活動については決まっていない」とコメント。人気アイドルグループなだけに、様々なグループの活動形態が模索されると見られる。

(関連記事) NU’EST メンバー3人がPLEDISを去る‥公式活動は3月のアルバムが最後

しかし、韓国ネットの空気を見てみると「解散に追い込まれている」「(会社から)見切られた」という”悲観論”が漂う。

そんな悲観論が、昨年5月に不可解な解散を”強いられた”とされるGFRIEND(ジーフレンド)の話題を思い出させ、HYBEへの糾弾を呼び起こすことに。

2021年5月、突然の解散を発表したGFRIEND。

2021年5月、突然の解散を発表したGFRIEND。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在、韓国の大手ポータルサイトのコミュニティーには『HYBEは本当にシュレッダー機』というスレッドが立ち、思わぬ議論が繰り広げられている。

議論の論点は「HYBEが、買収に踏み込んだ企業の所属アーティストに、次から次へと解散を迫っている」という点だ。

まず、HYBEを批判するネットユーザーの声はこちら。

「HYBEは、収益性が見込めないと判断したら容赦ないねー」

「自社アイドルが少なかった時は、買収して増やしたくせに。責任感がなさすぎる」

「GFRIENDの二の舞になったね」

「fromis_9も今ヤバイよね‥心配だわ」

「*宮脇咲良とチェウォンも不安だね‥早く活動させろよ!」

*宮脇咲良とチェウォンのHYBE(もしくは傘下レーベル)への移籍はまだ決まっていないが、韓国ネットユーザーからは既成事実と見られている。

その一方で、HYBEに責任転嫁する事をやめようと、擁護論を主張する声も多数あがっている。

「解散がなぜHYBEのせいに? 契約満了だから仕方ないでしょう」

「HYBEの問題というより、しっかり経営できず会社を売却した所属事務所の問題ではない?」

「入隊問題もあるし、トップアイドルに上り詰める可能性も低いし‥会社もメンバーも未練がないのでは?」

「HYBEに売却されたからHYBEのせいにする人が多いけど、今回はごく一般的な解散ステップだよ。GFRIENDとは違う」

「アイドルで10年って‥K-POP界で珍しいほど長くやってきたよ‥誰のせいでもない」

(コメント出典:NATEパン 翻訳・編集:Danmee編集部)






K-POP男性アーティスト 最新記事はこちら(2489)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs