先月19日(現地時間)、イタリアにて開催されたミラノ・ファッションウィークにNU’EST(ニューイースト)ミンヒョンをはじめ、多くの韓国スターらが出席。帰国後、同行していたある芸能人スタッフが新型コロナウイルスの陽性判定を受けたというニュースが伝えられ、同じく出席した芸能人らに‘感染疑惑’の噂が流れはじめた。果たしてこの真相は? 

男性アイドルグループNU’EST(ニューイースト)のミンヒョンに向けられた、新型コロナウイルス感染疑惑。
所属事務所プレディスエンターテインメントはこれを“事実無根”とし、「ファン・ミンヒョンをはじめ、海外スケジュールに参加した全てのスタッフたちが新型コロナウイルスの検査を受け、陰性判定を受けた」と、SNSで拡散されていた悪質な噂を完全否定した。
続いて「感染者はいなかったが、念のためにスケジュールは組まない」と明らかにした。

コロナ疑惑を否定したミンヒョン

コロナ疑惑を完全否定したNU’ESTのファン・ミンヒョン(画像出典:ファン・ミンヒョン公式Instagram)

去る2月19日、イタリアにて開催されたミラノ・ファッションウィークにNU’ESTミンヒョンやI.O.I出身のキム・チョンハ、IUなど多くの韓国スターが参加していた。
この中で、キム・チョンハに同行したスタッフ2名が帰国後に発熱し検査を受けたところ、新型コロナウイルス感染症と診断された。
キム・チョンハ側はファンコミュニティを通じて「キム・チョンハをはじめ、すべての同行者に自己隔離を要請し、検査を行った。スタッフたちはみな‘陰性判定’を受けた」と説明した。

これに影響して、同じくミラノ・ファッションウィークに参加した韓国スターらが感染しているのではないかという疑惑がSNSを通じて拡散される事態となってしまった。

対策をはじめ、感染速度や感染後にどのようなリスクがあるのかも不透明な部分が多い新型コロナウイルス。それだけに人々は大きな不安に包まれており、“もしかしてあの人も?”という疑心暗鬼が生じてしまうのだろう。

イタリア帰国後に向けられた‘感染疑惑’を完全否定し、陰性判定とはいえ用心をとって活動を自粛するという賢明な判断を下したミンヒョン。世界規模で広がる不安を考慮した結果の対応と言え、その行動に好評価が向けられている。

ミラノ・ファッションウィークに参加したミンヒョン

ミラノ・ファッションウィークで韓国男性初の招待を受けたファン・ミンヒョン。グローバルな人気を証明した!(画像出典:ファン・ミンヒョン公式Instagram)

ミンヒョンに疑惑の目が向けられたのは、先月19日(現地時間)にミラノで開催された‘モンクレール・ジーニアス2020(MONCLER GENIUS)’に出席したことだ。
だがこれは、モンクレール側から正式招待があり、韓国で初めて招待された男性セレブとして会場だけでなく世界から多大な関心が寄せられた。
また、同性が憧れるという端整な顔立ちにモデルのような抜群のスタイルは、完璧な‘皇帝ビジュアル’と称され、国内外のファッション関係者の注目を集めたことで話題にもなった。

今回の噂は、多忙な海外スケジュールを消化し、グローバルな人気を証明したファン・ミンヒョンだからこそ、付きまとってしまったことなのかもしれない。

韓国芸能界は、新型コロナウイルスの影響によりショーケースやコンサートなどの開催を延期または中止し、観客を交えたTV番組の収録も取りやめになる事態にまでなっている。しばらくはこのような支障が避けられない中、みな神経を尖らせているようだ。

韓国だけでなく日本や世界で蔓延する新型コロナウイルスの早期終息を願うばかりだ。