南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘であるファン・ハナが、前恋人であり歌手で俳優のパク・ユチョンとの麻薬スキャンダルに続き、YGエンターテインメントの性接待疑惑にも名前が挙がり衝撃を与えている…

MBC探査企画プログラム「[wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”]ストレート」が熱い関心を集め、高視聴率を叩き出した。

24日に放送された「ストレート」では、マレーシアの資産家に対する性接待疑惑と、その背後で浮き彫りなったYGエンターテインメント(以下:YG)との関係を追跡した。

YG 性接待 疑惑 ストレート

YGの性接待疑惑を報じたMBC「ストレート」(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:MBC「ストレート」キャプチャー)

YG性接待疑惑の核心人物であるマレーシアの資産家ジョー・ロウ氏の接待席に、ヤン・ヒョンソク前YG代表と歌手PSY(サイ)、麻薬投薬疑惑で拘束されたファン・ハナが共にいたという証言が出てきて注目を浴びた。

ファン・ハナは現在、麻薬類管理に関する法律違反疑惑で拘束されている中で、ヤン前YG代表の性接待関連にも名前が挙がった。

放送では、YG性接待の目撃者A氏が、2014年ジョー・ロウが韓国を訪問した際、ヤン・ヒョンソク、PSYなどとチョン・マダムが運営する店に訪問したと証言。

A氏は当時、ルーム内の状況に対して「ジョー・ロウが上席である最も内側の席に座り、その横にジョー・ロウの友達らと女性たちが座った。扉側の入口にはPSYとファン・ハナが、向い側にはヤン前YG代表とチョン・マダムが座った」と描写した。

YG ヤンヒョンソク PSY ファンハナ

接待の席を描写..(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:MBC「ストレート」キャプチャー)

それと共に「ジョー・ロウは、友達だというPSYとはほとんど会話はせずに、隣の席の女性たちと主に話をしていた」と伝えた。

さらにA氏は「ヤン前YG代表がチョン・マダムに向かって“今日はチョン・マダムが私のために頑張ってくれたので酒を沢山売ってあげなくちゃ」と話していたのをはっきり聞いた」と主張。

この席では売春を暗示する会話が飛び交っていたと伝えられ、製作スタッフは「ジョー・ロウのパートナーがチョン・マダム側のエースだ」とし「ジョー・ロウが10人程の女性に500万ウォン(約46万円)のブランドバックをそれぞれプレゼントした」と明らかにした。

ジョーロウ ブランド バッグ

ジョー・ロウ氏、女性にブランドバッグをプレゼント..(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:MBC「ストレート」キャプチャー)

また証言によると、ジョー・ロウ一行の8人中6人は、女性たちとYG職員が用意した第3のホテルに移動したと性接待の情況を暴露した。

製作スタッフによると、この日ファン・ハナは英語の通訳者として参加したことが分かった。

このようにファン・ハナは、麻薬投薬疑惑に続き性接待疑惑にも関わっているとされ、視聴者たちは衝撃を隠し切れなかった。

ファンハナ 英語 通訳 ユチョン

英語の通訳で参加したファン・ハナ..(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ファン・ハナSNS)

「ストレート」側は、「ヤン前代表がマレーシアの資産家らと親密な関係を築いた理由は、事業の領域を拡大するためだった」とし、YG関係者の話に基づいて「BIGBANGの入隊後、YGがどのように収益を上げていけば良いのか、当時ヤン・ヒョンソク代表も悩んでいたようだ」と説明した。

一方、現在「ストレート」側は、関連内容を全て警察に提出し、事実関係の調査を要請した状態だという。

製作スタッフは「今回こそ国民の疑問が解消されるよう、YGの全ての疑惑が明かされる契機になることを願う」と伝え報道を終えた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。