「PRODUCE X 101(プロデュースX101)」に出演していたカン・ヒョンス練習生が、日本で進められている日韓合同アイドル育成プロジェクト「G-EGG(ジーエッグ)」に挑戦するようだ。カン・ヒョンスの近況と、最近報道されている「プロデュース」シリーズの投票操作の論議において、カン・ヒョンスの父が心境を伝えた。

投票操作疑惑の事実が明らかになったMnetサバイバルオーディション番組「PRODUCE X 101(プロデュースX101)」に出演していたカン・ヒョンスの父が、現在の状況に対する心境を伝えた。

「PRODUCE X 101」に出演していたカンヒョンス

「PRODUCE X 101」に出演していたカン・ヒョンス(画像出典:aap.y official Instagram)

カン・ヒョンスは過去にLC9(シーエルナイン)、BLK (ビーエルケイ)などのグループで活動したことがあり、グループの解散後に「プロデュースX101」に出演。

当時、Aクラスの判定を受けても少ない放送分量により下位圏にとどまっていたカン・ヒョンスだが、彼の父が路上でプラカードを持って広報する姿が目撃されて20位まで上昇したものの、結局26位で脱落、しかしファンの間では「アイドルとしてデビューすべき人物!」だと言われている。

カン・ヒョンスの父は、11月12日の明け方、自身のブログに「プロデュースX101 カン・ヒョンスの父です」というタイトルの文章を掲載した。

心境を吐露したカンヒョンスの父

カン・ヒョンスの父親が心境を吐露(画像出典:オンラインコミュニティー)

公開された文章で、カン・ヒョンスの父は「久しぶりに文章を投稿するので、息子のプロデュース出演当時の多くの思い出が甦りますね」と書き始めた。

続けて「今メディアで報じられている便りを目にすると、デビュー組のX1(エックスワン)。息子と共にした大切な同僚たちが非難の対象になっており、あまりにも大きな試練を経験していると思うと非常に胸が痛いです」とし「事実、あの子たちは何を知っているのですか?全て関係していた大人たちの責任です」と伝えた。

これと共に「X1の子たちは、それぞれ実力と魅力を持っています。彼らの人生が掛かった問題です」とし「解散はまた別の混乱を招くと思います。惜しくも脱落したメンバーも、皆さんの胸の中に残っていることでしょう。みんなが上手くいくことを願っています」と付け加えた。

また、法を犯した大人たちは当然処罰するべきだと述べたカン・ヒョンスの父は、今回の事態を乗り越えてX1と出演陣全員が幸せになれる事を切実に願った。

最後に、カン・ヒョンスの近況について「現在ヒョンスは日本で進められている日韓合作アイドル プログラム「G-EGG(ジーエッグ)」に挑戦すると言い、許諾しました」とし、今回が本当に最後になることを望んでいる様子を見せた。

カン・ヒョンスが挑む「G-EGG」は、SUPERNOVA(元 超新星)のリーダー ユナクの指揮の元スタートする新しいグローバルアイドル育成プロジェクトだ。

2020年に日韓合同グローバルアイドルグループをデビューさせるとのことで、デビューまでの道のりを追いかけるリアル成長ストーリーということもあり、現在GYAO!で放送されている「PRODUCE 101 JAPAN」のライバル番組、ライバルグループになることが予想される。


G-EGG 練習生紹介「カン・ヒョンス」(動画出典:G-EGG )