BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(GD)が、中国の飲料水ブランドとのCM撮影を極秘で行ったことが韓国の芸能媒体によって明らかとなった。SNS上ではファンたちの熱い反応が寄せられ、変わらぬ影響力を見せている。

BIGBANG(ビッグバン)のリーダー・G-DRAGON(ジードラゴン / 本名 クォン・ジヨン)が、中国企業の有名飲料CMの撮影を行ったことが確認された。

4月14日、韓国の各種芸能媒体によると、G-DRAGONはミネラルウォーターで有名な飲料水ブランド ノンプシャンチォン(农夫山泉)の‘茶派(チャパイ)’のCM撮影を極秘で進めていたことが分かった。

茶派は、G-DRAGONが軍に入隊する前から専属モデルとして活動していたブランドで、軍入隊中の空白期間を経て再び縁を継続することになったと思われる。

過去にG-DRAGONが茶派のモデルを務めていた際のイメージ

過去にG-DRAGONが茶派のモデルを務めていた際のイメージ(画像出典:农夫山泉茶派 Weibo)

該当ブランド側は、4月13日に公式ウェイボー(Weibo / 微博)に、G-DRAGONと推定される男性モデルが自社製品を持っているティーザー形式のCMカットを公開して、ネットユーザーたちの耳目を集中させている。

G-DRAGON自身も数日前に上下ホワイトのジャケットを着た写真をインスタグラムに投稿しており、茶派の公式ウェイボーにも彼の象徴である‘デイジー’の花模様が描かれた靴が映し出されているため、現在SNS上で該当のティーザーカットが数えきれない程投稿されて熱い反応を見せている状況だ。

G-DRAGONと推測される男性のイメージが公開された

G-DRAGONと推測される男性のイメージが公開された(画像出典:农夫山泉茶派 Weibo)

G-DRAGONは、昨年10月に除隊したのち、今年の初めにフランス・パリで開かれたファッションショーで捉えられた姿がオープンな場所での近況の様子だった。

その後、3月に所属事務所YGエンターテインメントと再契約を結び、4月にアメリカ・コーチェラフェスティバルでカムバックステージを持つ予定だったが、新型コロナウイルスの余派で計画が延期され、公式的な歩みが明確に捉えられなかった。

しかし、今回のCM撮影の便りを耳にしたBIGBANGのファンたちからは「ついにGDが始動した!」「GDのCM、どのように仕上がっているんだろう!」「公式発表を楽しみにしています!」「発売したら絶対に買いますね」などの反応が寄せられており、変わらず国内外で大きな影響力を見せているG-DRAGONの地位を再確認させたようにも感じる。

何よりG-DRAGONのCM撮影は、‘限韓令(げんかんれい)’の余波で凍りついた中韓関係を解くことができるのかという点で意味深く、中韓両国のエンタメ業界が大きく注目しているようだ。

※限韓令(げんかんれい)または禁韓令(きんかんれい) = 2016年に韓国がTHAADミサイルの配備決定を公表したのち中国が取った報復措置。特に韓流文化を規制し、中国内で韓国ドラマの放送中止や韓国芸能人のメディア露出を制限している。

BIGBANG

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅)は韓国出身の4人組男性アーティストグループ。
メンバーはG-dragon、TOP、SOL、D-LITE(元メンバーV.Iは2019年3月に芸能界引退)で、YGエンターテインメントに所属している。2006年に韓国でデビュー。メンバーは、MTVコリアの「リアルドキュメンタリーBIGBANG」を通して選ばれた。
2006年デビュー後から若い世代のファッション、トレンドに大きな影響を与えたグループであり、これ以降にデビューするアイドルグループのコンセプトなどにも影響を与えたグループだ。

BIGBANG プロフィール&記事(217)