BIGBANG(ビックバン)、BLACKPINK(ブラックピンク)など、人気アイドルが所属する韓国の大手芸能事務所YGエンターテインメント。先日、韓国のメディアが「SMにエンタメ3位を明け渡したYG、FNCの二の舞を演じる?」というコラムを掲載。その内容を見てみる。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BIGBANG、2NE1、PSY、BLACKPINK・・現在も飛ぶ鳥を落とす勢いを持つ、YGエンターテインメント(以下、YG)のアーティストたちだ。(*PSYはすでに契約終了)

K-POPを牛耳っていた最強軍団は、日韓をはじめアジアだけに制限されていたK-POPの”勢力図”を、欧米にまで広めた輝かしい実績を誇っている。

しかしここ数年、所属アーティストの薬物吸引疑惑や、経営陣のモラルハザードといった”お家騒動”が台頭、かつての勢力は急速に落ち始めた。

今月18日、韓国メディア・メディアス(mediaus.co.kr)は「SMにエンタメ3位を明け渡したYG、FNCの二の舞を演じる?(SM에 ‘엔터 3위’ 내어준 YG, FNC의 길 걷나?)」と題したコラムを掲載、”YG危機論”を展開している。

エンター4位に陥落したYG

NCT DREAM(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

メディアスが伝えるK-POP”格付け”の根拠は、株式時価総額だ。

「エンタメ界の”兄貴”であるSMが、かつての王者YGを破り、エンタメビッグ3に返り咲きした。18日の終値基準で、SMは9006億ウォン、YGは8710億ウォンとなり、僅差でSMの勝利」(メディアス)

SMエンターテインメント(以下、SM)の”追い抜き”の原動力は、NCTの好調にあるようだ。

NCT DREAMの1stアルバム『Hot Sauce』は、170万枚を超える販売高を上げ、今年2/4期の”アルバム賞”受賞がほぼ確実とされている。

すでに入隊したEXOのメンバー、ベッキョン(60万枚以上)や、ベテランアイドルのSUPER JUNIOR(40万枚以上)らも、SMの好調に一役買っているようだ。

YGがFNCの二の舞を演じる?

チャン・ドンユンはドラマ『朝鮮駆魔師』に出演していた

ドラマ『朝鮮駆魔師』に出演していたチャン・ドンユン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

一方のYGは、アーティスト全体の販売高が、98万枚程度に留まっており、SMの追い抜きを許してしまった格好へ。

メディアスは、”暗礁”という表現を用いながら、更なる低迷の”トリガー”になり得る出来事を紹介している。

「”暗礁”はYG内部にある。子会社のYGスタジオフレックスが制作した『*朝鮮駆魔師』が、早期放送終了により発生した損失金額に反映されていない」(メディアス)

*朝鮮駆魔師:韓国の視聴者より歴史歪曲を指摘され、わずか2話で放送終了となったドラマ。一説によると、その損失金額は1000億ウォンにも上るという。

(関連記事)チャン・ドンユン出演 ‘朝鮮駆魔師’ に歴史歪曲疑惑? 初回から批判殺到のワケ

YGアーティストのアルバム販売不振や、子会社の莫大な損失により、メディアスはYGが一時”破竹の勢い”でSMやJYPといったビッグネームを脅かしたものの、下降傾向が著しくなったFNCのようになり得ると警告している。

FNCが持っていないブランドと実績

BLACKPINKはYGエンターテインメント所属

YGエンターテインメント所属のガールズグループBLACKPINK(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

メディアスが、K-POP”格付け”の根拠を株式時価総額とするなら、評価基準は、時価総額である。すなわち、現在の”経済価値”であり、この時価総額は好材料と悪材料があれば、いつでも増えたり減ったりする。

同メディアが懸念する「FNCの二の舞を演じる」という暗鬱な未来を論じるには、両者が持っている人的資源、すなわち顔ぶれ(そして、彼・彼女らが残した実績)と、ブランドパワーのその差は歴然だ。

FNCも、K-POP史に大きな足跡を残してきたものの、YGほどの影響は及ぼしておらず、対するYGは誰もが知っているブランドである。しかも、世界で最も影響力のあるガールズグループ・BLAKPINKを抱えており、”K-POPのパイオニア”と称されるBIGBANGのカムバックも秒読みと予測されている。

短期的な”経済価値”で、YGという王国の滅亡を占うことには、多くの人が違和感、いや、抵抗を感じるのではないだろうか。




人気ニュース

YG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース