DREAMCATCHERが、「What-Japanese ver.-」で日本デビューをする。

K-POPガールズグループDREAMCATCHERが、日本でデビューすることが明らかになった。

日本でデビューするK-POPガールズグループDREAMCATCHER

日本でデビューするK-POPガールズグループDREAMCATCHER(出典:Happy Faceエンターテインメント)

所属事務所Happy Faceエンターテインメントによると、DREAMCATCHERは、11月21日に日本デビューシングル「What-Japanese ver.-」をリリースする。DREAMCATCHER(ドリームキャッチャー)は、シングルリリースに先立ち、今月末に東京と大阪で日本正式デビューを祝う、スペシャルイベントを計画しているという。

DREAMCATCHERの日本デビューシングル「What-Japanese ver.-」は、韓国でリリースされた3rdミニアルバム「Alone In The City」のタイトル曲「What」の日本語版。

日本で初めて発売する正式シングルだけに、韓国でのデビューシングル「Chase Me」の日本語版はもちろん、日本ファンのための新曲「I Miss You」を収録する。

所属事務所は「これまでDREAMCATCHERの日本正式デビューを待っていてくれた日本ファンの方々に、深く感謝する。今回のデビューを通じて、K-POP市場に再びパワーを加えて、DREAMCATCHERだけの魅力をアピールする。多くの期待と声援をお願いする」と伝えた。

一方DREAMCATCHERは、2014年9月にMINXというグループ名でデビューしたが、その後2016年にグループ名をDREAMCATCHERに改名。当初5人組だったが、2名のメンバーが追加加入し、2017年1月に1stシングルアルバム「悪夢」をリリースした。ヘビーメタルサウンドで、可愛らしいコンセプトのグループが多いK-POP界では、一味違ったガールグループとして、話題となった。

▼DREAMCATCHER「What」韓国版 M/V▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]