ガールズグループDIAが3年ぶりにK-POP界にカムバックした。

ガールズグループDIAが、作曲家シンサドンホレンイ(新沙洞の虎)と、3年ぶりにタッグを組み、K-POP界にカムバックした。

3年ぶりにカムバックしたDIA

3年ぶりにカムバックしたDIA(出典:SBS)

9日、ソウル・龍山区のブルースクエアカオスホールで、DIAの4thミニアルバム「Summer Ade」発売記念ショーケースが開かれた。昨年10月に「굿밤(Good Night)」に続き、10ヶ月ぶりにカムバックとなる。

今回のアルバム「Summer Ade」は、夏の雰囲気を満喫できる全7曲が収録されている。タイトル曲の「우우(WooWoo)」は、韓国のヒットメーカー・シンサドンホレンイが担当。そのほか、メンバーのヒヒョンとジュウンの自作曲も収録されている。

この日、リーダーのヒヒョンは「一度カムバックが延期されたが、アルバムを準備しながら、1曲レコーディングもして振付も出たが、滞ってしまった。だからもう少し準備をしてみようと、シンサドンホレンイさんに再びお願いした。ずっと待って準備していたが、曲が出て来ず、私たちが作曲家さんを訪ねていくこともあった」と語った。

続いてイェビンは「3年前にデビュー曲「왠지(Somehow)」を聞いてとてもよかった。今回久しぶりにカムバックするのでシンサドンホレンイさんに良い曲をいただいたので、「왠지」のような曲をいただきたかったし、シンサドンホレンイさんをより信じた」と付け加えた。

DIAは2015年に7人組グループとしてデビュー。その後、ヒヒョンとチェヨンが練習生限定オーディション番組「PRODUCE 101」に出場するため、暫定的に脱退。その後もメンバーの加入・脱退があり、2018年5月から現在のメンバー(ユーニス、ヒヒョン、ジェニ、チェヨン、イェビン、ウンチェ、ジュウン、ソミ)となった。

一方、DIAは9日午後6時、新曲「우우(WooWoo)」を発表した。

▼DIA「WooWoo」P/V▼

▼DIA「Good Night」P/V▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]