韓国人気バンドCNBLUE(シーエヌブルー)のイ・ジョンヒョン(ハングル 이종현)が、女性ユーチューバーにセクハラを連想させるDMを送っていたことに対して謝罪し、チームを脱退することを明らかにした。

CNBLUE(シーエヌブルー)のイ・ジョンヒョン(ハングル 이종현)が「女性ユーチューバーへのセクハラDM論議」に対して謝罪し、チームを脱退することが明らかとなった。

CNBLUE イジョンヒョン セクハラ

CNBLUEを脱退することになったイ・ジョンヒョン(写真提供:©スポーツ韓国)

8月28日、イ・ジョンヒョンは所属事務所を通じて「不適切な言動で傷を受けてしまった方々と、大きく失望された全ての方々に本当に申し訳なく思っております」と伝えた。

彼は「私の言動により、メンバーが被害を被ることになり申し訳ない気持ちで、メンバーにも脱退の意向を伝えました。信じてくださったファンの方々にも失望させてしまい、恥ずべき行動に弁明のしようがありません」と付け加えた。

同日、韓国アフリカTVのBJ(Broadcasting Jockey / 放送番組の進行者)兼ユーチューバーのパク・ミンジョンが、グループCNBLUEのメンバー イ・ジョンヒョンから送られてきたSNSメッセージを公開。

そこには、「cnbluegt」というIDを使うインスタグラム利用者が送ってきたメッセージがキャプチャーされていたのだが、「cnbluegt」は今までイ・ジョンヒョンが使ってきたインスタグラムIDだった。

イ・ジョンヒョンがユーチューバーにセクハラDMを..?(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:パク・ミンジョン SNS)

キャプチャーの写真によると、イ・ジョンヒョンはパク・ミンジョンに21日と27日にそれぞれ「ユーチューブをよく見ています。面白いものを沢山アップしてください。お腹の肉が可愛いです」というメッセージを送った。

パク・ミンジョンはキャプチャー写真と共に「え?CNBLUEこれは本物?」という文を付け加えた。

現在、軍服務中のイ・ジョンヒョンは、今年3月違法性関係の映像撮影および流布などで物議を醸したグループBIGABNG(ビッグバン)の前メンバーV.I(スンリ)、歌手チョン・ジュニョンのカカオトークチャットのメンバーとして知らされて衝撃を抱いたことがある。

カカオトークのチャットルームでの論議のあと、イ・ジョンヒョンの所属事務所FNCエンターテインメントは「イ・ジョンヒョン本人の誤った性道徳と価値観に伴う大衆の指摘を深く受け入れ、深い後悔と自責をしている」と謝罪。

しかし、それからわずか5ヶ月でイ・ジョンヒョンが女性BJにセクハラを連想させるような発言をした事が知らされて、世論の非難が今一度大きくなった。

一部「大きな問題になるDMの内容でない」と言うネットユーザーがいる中で、大半の人々は、すでに同じ理由で社会的物議を醸した彼がこのような発言をしたという点において「自身が過ちを犯したことに対して反省の態度が全く見えない」と叱責する声が多くあがった。

イ・ジョンヒョン 公式コメント

こんにちは、イ・ジョンヒョンです。

私の不適切な言動で傷を受けた方々と、大きく失望されたすべての方に、本当に申し訳なく思っています。

申し遅れましたが、CNBLUEから脱退するということもお伝えします。

私の言動によってメンバーが被害を被ることになり申し訳ない気持ちで、メンバーにも脱退の意向を伝えました。

私を信じてくれたファンの方々にも失望させてしまい、恥ずべき行動に弁明のしようがありません。

現在軍服務中なので意見を伝えて発表するまで時間がかかりました。

待ってくださっていた所属事務所に対しても申し訳ないです。

自身の誤りを深く悔いて多くの方々の指摘と批判を受け入れます。

良くない便りで物議を醸してしまい申し訳ございません。