K-POPバンドCNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファが11月3日に除隊した。これまで優秀な成績で軍生活を遂行してきたジョン・ヨンファ。この日除隊現場には約1000人ほどのファンが集まり、変わらぬ人気を証明した。

CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファ(ハングル 정용화)が、国防の義務を終えて11月3日に除隊した。

ジョン・ヨンファはこの日午前、江原(カンウォン)華川郡(ファチョングン)看東面(カンドンミョン)の事務所の前で20ヶ月間の軍生活を終えて除隊を知らせた。

11月3日除隊したジョン・ヨンファ

11月3日除隊したジョン・ヨンファ(画像出典:ジョンヨンファ インスタタフラム)

この日の現場には、韓国をはじめとし、日本、中国、フィリピンなどの各国から約1000人余りのファンたちが集まり、ジョン・ヨンファの除隊を共に祝った。

軍服姿でファンたちの前に立ったジョン・ヨンファは「満期除隊の命を受けました」と敬礼し、「待っていてくださったファンの皆さんのおかげで、より一層熱心に軍生活を行うことができました」とし感謝の挨拶を伝えた。

また、軍生活に対しては「皆さんの応援のおかげで特攻部隊員、陸軍最精鋭戦闘勇士として全ての訓練を終えて戻ってきました」と明らかにした。

この日、自身のSNSを通じても除隊を知らせたジョン・ヨンファ。

彼は、自身のインスタグラムに「寒い中でも訪ねてきてくださって、応援してくださった全ての方に感謝の言葉を伝えたい」とし「再び本来の場所に戻って最善を尽くします」という文章と、ファンに囲まれて除隊をお祝いしている写真を投稿した。

除隊現場に訪れたファンと共に写真を撮ったジョンヨンファ

除隊現場に訪れたファンと共に..(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ジョン・ヨンファ Instagram)

ジョン・ヨンファの除隊を耳にしたファンたちは、

「健康に戻って来られて良かったです!」
「特攻隊らしいカッコいい軍服姿ですね」
「これから色々な活動を期待しています」
「除隊ほんとうにおめでとうございます」

などの反応を寄せて、ジョン・ヨンファに除隊のお祝いメッセージを伝えた。

一方、昨年3月に江原道(カンウォンド)華川(ファチョン)15師団新兵教育隊に入隊したジョン・ヨンファは、基礎軍事訓練を優秀な成績で終えた後、特殊部隊である華川第2軍団第702特攻連隊に志願入隊。

大隊体力1等賞、TOPチームの選定賞、特級戦士賞、CW(モールス符号)1等賞、読書感想文優秀賞など様々な賞を受賞し、誠実で模範的な軍生活を証明した。

ジョン・ヨンファは「ツラい訓練は、今後の人生に多くの役に立つようです」とし「軍生活は、私をさらに発展させる機会になりました。大切な時間をもとに、より一層成長した姿をお見せしたいです」と語った。

さらに、翌月からは国内外でのコンサートとファンミーティングを進めると、今後の計画を伝えたジョン・ヨンファは「待っていて下さった皆さんに報いる気持ちで、早く練習して最高のコンサートを作りたいです」と抱負を伝え、現在様々なドラマの提案を受けて検討していると、今後活発的な活動を展開していくことを予告した。