3月19日、BTS(防弾少年団) ジンがジョングクと共に登山を行った際のビハインドストーリーをV LIVE内で明らかにした。

バンタンことBTS(防弾少年団)のジン(本名 キム・ソクジン 26)がメンバーのジョングク(本名 チョン・ジョングク 21)と共に登山をした時のエピソードをV LIVE内で語った。

ファン達に登山を行ったことをTwitterで伝えたジンとジョングク

黔丹山(검단산 京畿道 広州市)登山を行ったことをTwitterで伝えたジンとジョングク(出典:Twitter)

先日、3月18日BTSの公式Twitter投稿されるや否やファン達の関心を多く集めることとなった登山を行ったジョングクとジンの写真。
19日にジンがV LIVEで配信をおこなった際にもファン達は登山の時の様子に関心がある様子を見せ、ジンはそんなファン達の要望に応えてジョングクとの登山の裏話を語った。

ジョングクと共に登山に行った裏話を語ったジン

ジョングクと共に登山に行った裏話を語ったジン(出典:V LIVE)

ジン曰くジョングクと登山に行くきっかけとなったのは、現在BTSのファン達の間で話題のオンラインイベント「ARMYPEDIA」にあるとのこと。
「ARMYPEDIA」のために自身達の映像が必要であると言うことを事務所から伝えられたジンは“ジョングクにメンバー一人一人の映像を撮って貰う”というアイデアを思いつき、自身はジョングクと登山に行くという案を出したのだそう。
その後、当企画のために旧正月の日にジョングクと共に登山を行ったジン。
ジンの計画ではジョングクと共に良い空気を吸いながら登山を行う予定であったものの、不運なことに登山当日はPM2.5の飛散量が多い日であった。

ジン「あの日はPM2.5が本当に多かった...」

ジン「あの日はPM2.5が本当に多かった…」(出典:V LIVE)

こういった幸先の悪い状況の中、ひとまずジョングクと共に山を登り始めたジンは登山開始から10分ほど経った頃にジョングクから「これ以上登るのは駄目な気がする」という訴えを受けるも「映像を待っている人達がいる」とファンを思いながらジョングクを励まし、懸命に山を登り続けたとのこと。

当時のジンとジョングクの姿が目に浮かぶかのようなジンの再現劇

当時のジンとジョングクの姿が目に浮かぶかのようなジンの再現劇(出典:V LIVE

その結果、登山の翌日には筋肉痛にまでなったというジンは登山から2日経ったある日、事務所側から「メンバー達があまりにも多忙すぎるが故に企画の進行が不可能である」ことを伝えられたということを明らかにした。

 

ジンに伝えられた悲報の4コマ

ジンに伝えられた悲報の4コマ(出典:V LIVE)

続けて、登山の映像がお蔵入りになってしまう受け入れがたい事実を伝えられたと語ったジンは当時の自身の心境を全身で再現し、その大きな悲しみをファン達に伝えた。

安全面に配慮しつつ当時の悲しみを全身で表現するジン

安全面に配慮しつつ当時の悲しみを全身で表現するジン(出典:V LIVE)

この裏話を聞いたファン達からは「思ったよりも早く登山のビハインドが聞けた(笑)」「ジンの話を聞くまで二人で楽しい登山を思ってたけどあんなエピソードがあったなんて…」「ソクジン(ジンの本名)とジョングクの優しさが誇らしいけどBigHitとは話がしたい」等という声が見られることとなった。

そんな今回惜しくもお蔵入りすることとなったジョングクとジンの登山動画はジン曰く、いつかジョングクが編集が出来たら公開されるかもしれない、とのこと。

こうしてジンとジョングクの努力の公開の未来はジョングクに委ねられた...

こうしてジンとジョングクの努力の公開の未来はジョングクに委ねられた…(出典:V LIVE)


今回ジンとジョングクが登山に訪れた黔丹山(검단산 京畿道 広州市)の位置情報(Google MAP)
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]