• 韓国軍の機関紙である国防日報に、BTSメンバージンの広告が掲載された。
  • 同広告は、デビュー10周年を迎えるジンを祝うメッセージと共に、兵士の労苦に感謝を伝える内容となっている。
  • これを受け韓国ネットでは、「斬新すぎる」「素晴らしいアイディア!」と、称賛と感嘆の声が・・
2022年12月に入隊したBTSメンバージン。現在は韓国陸軍第5歩兵師団の新兵教育大隊で助教で服務中である

2022年12月に入隊したBTSメンバージン。現在は韓国陸軍第5歩兵師団の新兵教育大隊で助教で服務中である(画像出典:ジン 公式Instagram)

韓国軍の機関紙である国防日報の“史上初”が、韓国で話題だ。

それは、BTS(防弾少年団)メンバージンの広告掲載。しかも“一面掲載”である。

1964年に創刊され、今年で58年の歴史を持つ同紙に芸能人の広告が掲載されるのは、初めてのこと。

同広告は、デビュー10周年を迎えるジンを祝うメッセージと共に、兵士の労苦に感謝を伝える内容となっている。

その広告コピーは、「大韓民国の誇らしい国軍兵士の献身と労苦、ありがとうございます。皆さんを応援します」。ジンを祝うメッセージは「Happy 10th Anniversary JIN」と英語のみ。

国防日報一面に掲載されたBTSジンの広告

国防日報一面に掲載されたBTSジンの広告(画像:韓国オンラインコミュニティー 出典:国防日報)

実はこのメッセージ構成が、韓国ファンに絶賛されているようだ。

その理由は、“6月”が持つ象徴性にある。

6月は、韓国政府が定める“護国報勲の月”。1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争(韓国戦争)で、祖国を守るため命を落とした兵士たちを悼み、称えるために定められた。

そのため、6月になると全国各地で追悼イベントが相次ぎ、“護国・哀悼ムード”一色になる。

BTSファンは、BTSの10周年を記念するよりも、韓国軍への感謝メッセージを強調する事で絶賛を受けているのだ。

この広告掲載を進行したファン(PR for JIN)はSNSに「紆余曲折の末、審査に通過した」と報告。広告掲載までの流れが決して簡単ではなかった事をうかがわせている。

国防日報の関係者は「護国報勲の月であるため、兵士たちの士気高揚の一環として広告掲載を決めた」とコメント。

これを受け韓国ネットでは、「(入隊中の)ジンが見る新聞に広告掲載を試みるなんて斬新すぎる」「韓国軍への感謝メッセージをハングルにして、BTSへのお祝いを英語にしたのは本当に素晴らしいアイディアだ!」「ジンは、デビュー10周年のBTSメンバーでありながら、韓国軍の兵士でもある!W感謝メッセージだね」と、称賛と感嘆の声が上がっている。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1371件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs